門 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.39
  • (5)
  • (12)
  • (22)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :150
  • レビュー :26
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (150ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  とにかく暗い。青春三部作の中で一番暗い作品だと思う。最後は小六も書生になるし、宗助の給金も上がるし、良いことがあって表面上はハッピーエンドである。でも、宗助の持つ悩み(罪の意識?)は禅に救いを求めても一向に解決しない。幸運が降りかかってもその意識が充分に幸運を感じ取るのを妨げる。だから表面は良くても、肝心の内面を見るとバッドエンドだと思う。このままいつまでも悩みは消えそうになく、一生罪の意識を抱えて生きていかなければならない。そんな運命を暗示しているような最後が、全体の暗さを一層際立たせていたように思う。
     好きな部分は寺籠り編だった。俗人と僧侶がこうも違うのかということに気付かされるところ、門の比喩が印象的だったからだ。「自分は門を開けて貰いに来た。けれども門番は扉の向側にいて、敲いてもついに顔さえ出してくれなかった。ただ、「敲いても駄目だ。独りで開けて入れ」と云う声が聞えただけであった。」、「彼は門を通る人ではなかった。また門を通らないで済む人でもなかった。要するに、彼は門の下に立ち竦んで、日の暮れるのを待つべき不幸な人であった。」という文章が、本当に救いようがなさすぎて悲しくなるほどなのだが、それゆえに印象的だった。

  • 夏目漱石なんて学生時代以来読んでないので、久しぶりの域を超えてますが、あまりにもきれいな日本語にうっとりしながら読みました。
    門を読んでつくづく感じましたが、現代に使われている日本語の単語数って減っているよね…
    私も含めですが、さみしい限りです。
    kindle版は辞書がすぐ引けるので、日本語を再々々勉強する意味でも大変良かった1冊です。

  • 極めて内向的な気風な主人公、野口宗助。
    生活のうちに生じる大小様々な悩みを、外部に相談することなく、ただただ妻との間で取り交わし、最終的には禅寺に籠もり座禅に救いを求めようとする。
    しかし、いっこうに答えを得られないうちに自宅に戻ると、いつの間にか問題はあっさりと片付いていた。
    要は、くよくよ悩んでいても仕方がなかったわけである。

    人は社会に関わることで生きており生かされている。
    社会によってもたらされる悩みは、社会を通してしか解決できないのだろうか。
    となると、座禅をはじめとする自己との対話はまったく無駄なのだろうか。

    漱石自身、禅寺で座禅を体験したと聞くが、決して漱石は、自己との対話を無駄だというつもりはなかったのではないか。
    「門」の閂は常に内側にあるのであり、自身から外につながる「門」を開けるのは家中にいる自分自身である。
    ただ、がっちり閉まった「門」を自分から開くのは大変面倒であり、外から来客でもない限り開けることはない。
    しかも、自分自身に来客を招待する気がないと、通用口を開けるだけで済ませてしまい、結局、本当の意味で「門」を開けることはなくなってしまのである。

    作中、宗助は、彼と対局に社交的な人物である家主の坂井の家を訪ねるとき、表門は開いているというのに、何かにつけて裏の勝手口に回っていた。
    そして、終盤で解決したように思える問題も、実は問題の種が遠ざかっただけで、結局、何も解決していないことに気がつかされる。
    「書を捨てよ町に出よう」は寺山修司の言葉であるが、漱石も同じ事を考えていたのではないか。

    本作がかかれたのは明治期ですが、否応なく社会につながらされる現代だからこそ、なお感じ入る作品でした。

  • ブクログも青空文庫、kindleに対応するようになったのね、、、

    それはそうと、この暗い小説は食わず嫌いで未読でしたが、とてもよかったです。暗いのがよいと思うようになった我が身の暗さが自身を小説に近づけたのでしょう。

  • 三四郎、それから、と続く3部作の3つ目。

    三四郎、代助、と比べれば、
    宗助はまだ一番しっくりくる感じで違和感は少なかった。

  • 鎌倉の禅寺。人の罪深さと弱さ。

  • 電子書籍

    罪を背負う人たちは、死んだような生活を送らなくてはならないのだなあ。

    三四郎も、それからも、門も、主人公はたいてい浅はか。
    漱石先生はとても頭がいい人なのに、なんで浅はかな人を書くんだろうと不思議だったけど、それがほんとうの人間らしさだと思ってたからなのかな。

  • 夫婦の小さな幸せの在り方について、結婚して二人で生活している今の自分だから感じれるものがあったと思う。

    "山の中にいる心を抱いて、都会に住んでいた”

    まさにそんな日々ではある。大きな野心を抱くことなく、彼らほど窮屈で自制を余儀なくされているわけではないけれど、大きく何を望むことなく、地に足がつかないことをやろうとは考えていない。お互いが帰る家があり、お互いがそこにあれば、まずは幸せ。

    春、夏、秋、冬、四季は移り変わる。その中で変わらないこともある。

    “道は近きにあり、かえってこれを遠きに求むという言葉あるが実際です。つい鼻の先にあるのですけれども、どうしても気がつきません”

    漱石の生きた時代から、もっとその前から、そして今でも、そういうことなのだと思う。

  • 久しぶりに夏目漱石を読むと、
    やっぱり漱石の小説はいいなぁー。
    と思わずにはいられない。

    ほんと描写がキレイで引き込まれる。
    話の展開もいろいろ変わって、読み出すと止まらない。
    登場人物のそれぞれのキャラも個性的でおもしろい。

    で結局、宗助はお寺にご厄介になったのに、何も悟ることができず家に帰ったのが、ちょっと残念だなー。
    きっと、宗助が悟ったときに、宗助と御米たちが過去の行いを乗り越えられるんだろうなぁ。

  • 過去に友人の内縁の妻と結婚し、現在に至る夫婦。その罪の意識を抱えたまま流産等に苦しみつつ、平凡な暮らしに満足している。短期間の出家に出て、なんらかのヒントは得たがこうして生きていくしかない。

    終始暗い感じで話は進むが、徐々に過去が分かっていく。終わり方が著者が病んでいたためか、ややとりとめない印象。

全26件中 1 - 10件を表示

門のその他の作品

門 Audible版 夏目漱石
門 (角川文庫) Kindle版 門 (角川文庫) 夏目漱石
門 (新潮文庫) 文庫 門 (新潮文庫) 夏目漱石

夏目漱石の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

門を本棚に登録しているひと

ツイートする