月に吠える [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
4.07
  • (11)
  • (12)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 127
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (300ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「日本近代詩の父」と言われる萩原朔太郎の詩集をいつか読まなくちゃと思ってました.
    句読点を多用した長文が定型だったのかな

    お気に入りの詩
    「掌状の種」
    (抜粋)手のうへの種はいとほしげにも呼吸づけり
    「危険な散歩」
    (抜粋)たとへどんなことがあつても、
    おれの歪んだ足つきだけは見ないでおくれ。
    おれはぜつたいぜつめいだ、
    おれは病気の風船のりみたいに、
    いつも憔悴した方角で、
    ふらふらふらふらあるいてゐるのだ。
    「ばくてりやの世界」
    (抜粋)ばくてりやが生活するところには、
    病人の皮膚をすかすやうに、
    べにいろの光線がうすくさしこんで、
    そのぶぶんだけほんのりとしてみえ、
    じつに、じつに、かなしみたへがたく見える。
    ばくてりやがおよいでゐる。
    「およぐひと」
    (抜粋)およぐひとのたましひは水のうへの月をみる。
    「青樹の梢をあふぎて」
    (抜粋)愛をもとめる心は、かなしい孤独の長い長いつかれの後にきたる、
    それはなつかしい、おほきな海のやうな感情である。

    寂寥感が半端ないので人となりを調べてみました.
    医師の父の偉大さと過大な期待に応えられない病弱さや繊細さから短歌やマンダリンへ傾倒する様子が痛々しく感じました.もう少し詩歌を読んでいきたいと思います.

  • 朔太郎と言えば
    高校の時の国語の先生が、朔太郎、朔太郎と言ってました。いつか自分も朔太郎がわかるようになるだろうかと思いながら、手付かず。
    題名だけ知ってる
    教科書程度と言う感じでしょうか?
    それも忘れてるが。
    これをレビューするか、
    もし読んだ方ごめんなさい。いつかは!

  • 詩は神秘でも象徴でも鬼でもない。詩はただ、病める魂の所有者と孤独者との寂しいなぐさめである。(萩原朔太郎『月に吠える』)
    上記の言葉たちは、当初、岩波の『言葉の賜物』で出会った。その後この言葉の詳細が気になり、出典元であるこの本を手にとった。実際に本を開いてみて驚いたのは、この言葉は北原白秋が萩原朔太郎に贈った言葉だったということだ。この本は、序文、詩、あとがき(跋文)という構成で成っているが、まさに序文において北原白秋が書いた言葉であった。あとがきでは、田中恭吉という画家が紹介されていた。それも気になってしまい、さっそく画像検索した。わたしはとても驚いた。この本は単なる詩集という枠を超えている。例えるならば前衛的なフレンチレストランの簡単なランチコースのようだ。

    「さびしい人格」、「雲雀料理」、「雲雀の巣」、田中恭吉の絵画。これらと出会った。

  • 朔太郎が書いた序文の詩文に関する記述からは、文芸とか創作とかに対する関心を高めさせられるし、内容からうかがえる繊細な神経のうごきや多感さは中学生くらいの生徒には共感できるところがあるだろう。描くものと描かないものの境界からにじみ出る「病める魂の所有者と孤独者との寂しいなぐさめ(序文より引用)」が文語調の文体によって表現されているさまには、感性をくすぐられることであろう。。私もこんな詩がかきたい

  • ・罪をおそれる心は罪を生む心のさきがけである
    「雲雀の巣」より
    ・五月の朝の新緑と薫風は私の生活を貴族にする。
    「雲雀料理」より

  • 好きだわぁ
    エモい

    白秋の序文がまたいいんだこれ

  • 詩集を初めて読んだが、なんだかよかった。
    不気味な詩がとても多く、想像力をかきたてられた。
    基本、孤独に謳っている詩が多い。

  • 北原白秋からの推薦文と本人の解説も含めて全て朗読していただきたい。

  • 萩原朔太郎本人の序文と後半の詩が、リズムがあってとても良いです(一番最初に北原白秋の序文があるのですが、本文とはだいぶ毛色がちがい仰々しいので、ここで引き返す人がいたらもったいないなと思います)

    読み終えて、孤独でありながら共通している人間の特性こそ、"特異にして共通なる個々の感情の焦点"こそが詩をかく意義という序文も、なんとなくわかる気がしました。共通の要素を探すことに意義を見いだすのならば、自分以外のものに共感し思いを馳せるにしたって、対象が人間である必要もないんだろうなと。詩って面白いなと思いました。

  • 詩人の処女詩集。
    私の評価は詩集そのものの質に対してではなく、自身の波長がどの程度融和し得たかの目安である;
    ここに呻き這いずり廻る若き詩人は未だ病的感覚の直截に過ぎて、私の一の素質:純朴には分かち合え得ぬ処が多い。表現が異臭を放ち、ヌラヌラと妖しき光彩纏えば纏うほど、其の複雑にして独特なることばは、朴直には直截で在り亦遠い。
    ただ、詩人のそれら病める調べを、私は「腐敗」と聴かない。それらは常に何らかの体液に潤わされ、枯れずに傷み続けて在る。故にそれらは「腐敗」ではなく「腐臭」でもなく「醜悪」では在り得ない。浄化への、魂の祈祷に外ならない。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一八八六年群馬県生まれ。詩人。一九一三年、北原白秋の雑誌『朱欒』に「みちゆき」ほか五編の詩を発表、作詩活動を始める。この頃、室生犀星の詩に感動して親交を結ぶ。犀星と一五年『卓上噴水』、一六年『感情』の詩誌を創刊。一七年第一詩集『月に吠える』を自費出版。他の著作にアフォリズム集『新しき欲情』、詩集『青猫』『純情小曲集』などがある。一九四二年没。

「2021年 『二魂一体の友』 で使われていた紹介文から引用しています。」

萩原朔太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×