生きている腸 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
4.17
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (16ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 刑務所附属病院からリンゲル液に浸かった生きた腸(はらわた)を手に入れた医学生が、医学史はじまって以来の大実験に取り組んだ。やがて大気中での腸の生存実験が大成功し、蠕動を続ける生ける腸(愛称〝チコ〟)との同棲生活を始めるのだった・・・。鬼才【海野十三】の語る怪奇小説である。

  • 「ぼーっと生きてんじゃねぇよ」

    死人のはらわたをゲットして、ベットにしちゃったいかれた科学者の話。もっと愛情を持って接するべきでしたね。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1897-1949。推理小説家。日本SFの草分け。主な作品に、「電気風呂の怪死事件」「深夜の市長」「赤外線男」「蠅男」「十八時の音楽浴」「地球盗難」「火星兵団」など。

「2018年 『海底大陸』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海野十三の作品

ツイートする
×