山羊の歌 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
4.00
  • (3)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (76ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 教科書で「汚れちまつた悲しみに…」を触れたことがあるので全部読もうと思ってみたのですが、全くと言っていいほど情緒を理解できず、何もわからなかった。

  • 何かで「汚れつちまつた悲しみに……」にだけ触れたことがあった。詩集として読むのはこれが初めて。
    とっかかりとして青空文庫の存在が本当にありがたい。中身を読むのに充分としても、相当に気に入ったもの、よさげな装丁の本が出ているものには手が出ちゃう。これもそのうち紙の本で欲しい。

    歌われているのは私だと、(あつかましくも)時折どうしようもなく感じて驚かされた。共感でありつつ、それ以前には一種の啓示を得たような感触がある。初めてその詩に出逢った時のその生々しい衝撃を一度きりで終えたくなくて、いっそ読むたびに、詩の内容もろとも積極的に忘れたいくらい。
    孤高と郷愁、歓びと哀しみ、美と醜のように、一見相反するものがよく互いの影のように連れ添っているように思われて、たぶんそこにまず惹かれる。シニカルなのか悲観なのか、はっきりとはわからないながら、詩人の眼差しが想像されるのについドキドキしてしまった。
    何より自分の内面を歌う詩に胸を抉られる思いがする。時々見える「懈怠」や「怠惰」が痛い。この願いと葛藤、どうしようもない感じを知っている、そう感じる。
    「サーカス」「帰郷」「盲目の秋」「木陰」「汚れつちまつた悲しみに……」「無題」(こひ人よ、おまへがやさしくしてくれるのに、)「修羅街輓歌 関口隆克に」「羊の歌 安原喜弘に」「憔悴」「いのちの声」が好き。

  • たびたび描かれる夜の表現が好きです。夜を出発点とし様々なイメージを巡回する詩に、自分自身の眠れない夜を思い出しました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

中原中也(なかはらちゅうや)
1907年4月29日、山口県生まれ。23年、山口中学を落第し、京都の立命館中学に編入。劇団女優、長谷川泰子と知り合い、翌年から同棲を始める。25年、泰子とともに上京。泰子が小林秀雄のもとに去る。26年、日本大学予科文科に入学したが、9月に中退。29年、河上徹太郎、大岡昇平らと同人誌「白痴群」を創刊。33年、東京外国語学校専修科仏語修了。遠縁の上野孝子と結婚。『ランボウ詩集《学校時代の詩》』刊行。34年長男文也が誕生。処女詩集『山羊の歌』刊行。36年、文也が小児結核により死去。次男愛雅(よしまさ)誕生。37年鎌倉に転居。『ランボオ詩集』刊行。詩集『在りし日の歌』を編集し、原稿を小林秀雄に託す。同年10月22日結核性脳膜炎により永眠。享年30歳。翌38年『在りし日の歌』が刊行された。

「2017年 『ホラホラ、これが僕の骨』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中原中也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

山羊の歌を本棚に登録しているひと

ツイートする
×