鮨 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.90
  • (8)
  • (12)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 113
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (25ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これは好きだな。読みやすく、豊かな感じがする。鮨、いいな。

  • ともよは先生に対して恋に近い感情を抱いているように感じた。でも、卑猥なものではなく、憧れのようなもので、爽やかさがあった。

  • 皆孤独なんだなと思った
    勉強ができたり、何でもできたりしても孤独は感じる、その時の中での自分を大切にするべきなのかもしれない

  • うん、なんかしんみりするようなあったかいような、おはなしだった。

  • 食べねぇ息子に頑張ってご飯を食べさせるお母さんのコツコツとした努力が泣けるうえに、そこを乗り越えた結末も切なく、要するにこれは子育ての悲喜こもごも描いているのであって、報われないっちゃぁ報われないような、いやしかし親とはこれさえできるようになれば後は何も要らないとか思っていたのに、片付いたら次はこれと子どもに期待してしまうものだなぁ、としみじみ感じるわけですよ。業が深い。

  • なんだか爽やかである

  • ともよにも湊にも少しずつ自分に近いところがあって考えさせられたので,気まぐれで読んだわりには正解だった。家族のあり方の観点から2人の登場人物を比較しているため自分と照らしながら読める上に,今の読者自身の境遇によって感想が大きく変わるような気がする。ちなみに,中盤で先が読めてしまうのは少し残念。それを「味」ととる人もいるのかもしれない。

  • ・2/13 読了.鮨屋を訪れる不思議な常連の老紳士と看板娘の交流の話.岡本太郎の母親だというぐらいだし、精神的にも不安定で不思議な感じの物語だった.他の作品も読んでみようかな.

  • 食べ物についてではなく、食べることについての話は、程度こそ軽いものの性や排泄と同じ種類の恥ずかしさを感じる。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

おかもと・かのこ
1889年に生まれ、
1953年に没した、日本の小説家。
代表作に
『母子叙情』
『老妓抄』
『生々流転』など多数。



「2019年 『美少年 岡本かの子 アムール幻想傑作集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡本かの子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×