少女病 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.72
  • (6)
  • (12)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 108
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (15ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • すばらしい。美少女に恋する中年。ロリコン。
    田山花袋の真骨頂。
    名作です。

  • 蒲団が衝撃で。このタイトルも衝撃だから電子で読んでみた。0円。

    無用な装飾のない文章でどんどん読み進められるが、絶対に知られたくはない趣味をバ~ンと文字にしてしまう花袋先生のやけっぱち感。漱石先生も50歳で亡くなっていると思えばこそ、37,8歳は老境かもしれないが、今の時代を生きていれば少年少女たちのために面白いアニメでも作っていたかもと思えるほどの独創性。

    倒錯的な趣味もこのあっけらかんとした素直な文章を前になんじゃこりゃ感倍増。当時の少女文学は美文なだけで深みがないと軽視されたようだが、花袋先生もまた美しい文章を書いたんだろうな。病気と呼ばれロストしてるといわれてもこの突き抜け感。最後がなんとも言えない。

    この人の本を読んで、読書ってこんなに簡単で楽しいものなのだということに気付く。みんながみんな難しい本を書く必要はないのだ。それなだけにコレは花袋先生じゃないとできないって気がしてくるからまた不思議。

    • minikokoさん
      レビューを読んで、すんごく読みたくなった!
      レビューを読んで、すんごく読みたくなった!
      2015/04/23
  • 目に入る美少女
    目に入る美少女
    目に入る美少女
    性癖の暴露

    目に入る美少女
    目に入る美少女
    目に入る美少女
    あくがれへの耽溺

    目に入る美少女
    目に入る美少女
    目に入る美少女
    _人人人人人人_
    > 突然の死 <
     ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

  • ちょっと前に蒲団を読んで、すっかり田山花袋が好きになった。私小説の走りとして名前は超有名だが、それだけ花袋の書く小説が凄かったというのが納得できる。
    蒲団もこの短編もそうだが、その変態っぷりというか男の哀しい性というか、主人公が本当に自分勝手で最悪なんだけど、分かってしまうのだ。
    主人公は37歳の妻子持ち。蒲団と同じ子だくさんで、日々の生活の唯一の楽しみは通勤の行き帰りに乗り合わせる少女たちを眺めること。その趣味行動とともに、職場の人間関係が嫌とかとにかく寂しいとか心情を吐露するが、そのやるせなさはある程度歳をとらないと分からないだろう。オチで男は唐突に死んでしまうのだが、この突き放した感じもいい。
    100年経った今でも衝撃的なんだから、当時読んだ世間の驚天具合は凄かったんだと思う。
    名作という言葉とは少しイメージが違うが、永遠に色褪せないであろう中年男のための文学。

  • 肉慾ではなく精神的な寂しさから美少女たちを観察し美文で綴ることを楽しみとする無骨な中年の男の話。美女ではなくて美少女にこだわるのは純潔を求めているからなのか。オチが呆気なくて面食らった。

  • 蒲団の方が変態的だったなぁ。

  • 『少女病』、初読。文豪本で『蒲団』と並び紹介されていたのでトライしたのであるが、「突然のラストはいろんな意味で衝撃的」とある通り、その箇所を抜いたら、文学にすらならないくらいな作品だった。

    他の方の書評を拝見するに評価の高いものもある。これは好みの問題と見るべきだろうな。

  • 初めて田山花袋と出会った作品であり、とても好きな作品。
    この作品は、短いながらも花袋の性的かつ精神的な思想が凄く読み取りやすい。
    肉体はただただ老いていく中で、心は若いまま。
    青春への後悔や若さへの妬みや憧れが感じられる。
    最後に花袋の生写しのような主人公が唐突な死もとても興味深い。
    まあ、なんだかんだ言って童貞っぽさって、童貞の有無じゃなくて、精神性なんだろうなって気持ちになりました。

    あと、花袋何読めばいいって聞かれたら、「蒲団」読む前に「少女病」読んで合わなかったら、随筆とか紀行文を勧めてます。

  • 「恋は雨上がりのように」と併読したい1冊ではなかろか。青空文庫で無料だし、短いし。初読した頃はただただ変なおじさんザマーwwと思ったが、いまやわかりみで泣ける。

  • 田山花袋再評価の兆し。
    この人こんなに良かったっけ。

全22件中 1 - 10件を表示

田山花袋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×