電気風呂の怪死事件 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (22ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自分の作品を解析するツールで、度々海野十三の名前が出てくるので試しに一作、処女作を読んでみた。これは読みやすい。そしてトリック自体もまあまあ面白い。(決して「超面白い」わけではない)だが、結びの一文があまりの唐突で「え?ここで終るの?」感が否めない。探偵小説ということで、犯人が分かれば大体終わりなのだろうけど、本当にかなり投げやりに終る。初回だからこんなもんなんだろうか?
    内容としては、電気風呂のある銭湯で三度起こる怪事件を解決するもの。二度目、三度目は殺人だが、実は両方が起きたきっかけは違う...というなかなか銭湯で起こるにしてはやりすぎなくらいの殺人事件だ。
    文体自体は軽くて読みやすいので、あと何作が読んでもいいかもしれない。

  •  海野十三が手塚・藤子マンガへ及ぼした影響を調べようと、青空文庫でコツコツ読んでいる。
     季刊幻想文学に「戦前は科学・怪奇・探偵小説を総称して不健全小説と呼んでいた」、そういう趣旨の証言があった。

     不健全小説! 私が好きなジャンルは不健全なのか!?
     そう言われても仕方ないのか、とりあえず本作品の犯人および犯行は猟奇的。

  • 約90年前に電気風呂があったことが一番の衝撃

  • 久々の海野十三。タイトルが奇抜だったので惹かれて読んでみた。
    内容的にはまあ、ひねりもあって、普通のミステリーとしても十分楽しめるかと。

  • の海野十三作品。タイトルが衝撃的でどんな作品かと気になり、読んでみた。タイトルはあまり関係のない感じがまた、面白いなと。最後の最後まで楽しめる作品であった。

  • ある風呂屋の男湯で感電事件が起きた。そしてその直後、女湯で殺人事件が起きた。さらに女湯の真上からも遺体が発見された。すべての事件はある目的を持った犯人による仕業だった。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1897-1949。推理小説家。日本SFの草分け。主な作品に、「電気風呂の怪死事件」「深夜の市長」「赤外線男」「蠅男」「十八時の音楽浴」「地球盗難」「火星兵団」など。

「2018年 『海底大陸』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海野十三の作品

ツイートする
×