茶の本 [Kindle]

  • 2012年9月27日発売
3.68
  • (5)
  • (13)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 119
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (67ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 茶の歴史、茶の作法、日本文化などを網羅的に解説、特に当時の時代背景からなのか西欧との比較も交えているなかでいかに優れた文化なのか解き明かす。

  • 日本人の美意識とその構成要素がわかった気になれたのが嬉しくて。再読。

  • 茶道だけではない。美意識というものについて。

  • パンチラインの連続で超アガる。フェノロサのおまけみたいなイメージしかなかったが、日本史上の最高の人に違いない。

  • 西洋哲学、現代思想ひっくり返してかじったり舐めたりした挙句全くたどり着けなかった「審美」という真理に、驚くほど近づいた書であった。答えは「茶」そしてそこへの太い道程としての「禅」にあったのだ。何度でも読み返す価値がある名著。

  • 読了

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1862-1913。横浜生まれ。本名岡倉覚三。東京大学文学部卒。フェノロサに師事。東京美術学校校長を経て、横山大観らと日本美術院を創立。ボストン美術館東洋部長として国際的に名を知られた。生前刊行した単行本として、本著の前に『東洋の理想』、後に『茶の本』の英文三部作がある。

「2014年 『英文収録 日本の覚醒』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡倉天心の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
太宰 治
西 加奈子
デールカーネギ...
池井戸 潤
三浦 しをん
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

茶の本を本棚に登録しているひと

ツイートする
×