蒲団 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.43
  • (6)
  • (20)
  • (27)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 192
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (53ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オチがとても衝撃的で、控えめに言って引きます…。文章は読みやすく、好きな文体。

  • 老いと若さの対比が切ない。奥さん、子育て忙しいだろうに、と思った。

  • 若い女に入れあげて、妻がいる身ながら、
    自分の家に住まわせ、女の恋人に嫉妬する女々しいおっさんの物語。
    泣くなよおっさん。

  • 学生時代、あらすじだけはネタとして有名でしたが、全く読む気にならないまま…最近、中島京子さんの『FUTON』を読みたいなーと思って、それならその前に本家を読んでおこうかなーと、ようやく手を伸ばしました。うん。予想していた通りの話でした…でも、中学生とかで読んだら、もう、意味不明すぎてポカーンって感じやったと思う。いま読んだのは、まだ、よかったのかも…「だめであること」を共有はできる、気がします。。

  • 変わったタイトルだなと思いつつ、まさかこんな内容だったとはという衝撃。
    気持ちは分からないでもない、分からないでもないが・・・という、文学作品に対する敷居を低くしてくれそうな物語。とはいえ、明治時代の古風な文章は繊細できれい。とても素敵です。
    このハイカラ娘な芳子さん、故郷に帰ったのちが気になります。

  • 上毛かるたに登場する「誇る文豪」の代表作。初めて読んだが、意外な内容だった。昔の作品を読むたびに思うが、文明がいかに進んでも、人の本質はそう変わらないもの。当たり前なのかもしれないけど、不思議な気持ちになる。

  • 中島京子さんの『FUTON』を読みたいので、
    まずは『蒲団』を読んでみた。
    発表が明治 40 年ということを考えると、
    かなりの衝撃を与えた作品なんだろうな。
    世間はドン引きかもしれないが。

  • 途中まで→時雄の気持ちもわかるわー
    最後→時雄キモすぎやろ

  • 主人公の師匠のもどかしい思い
    もどかしいまま、伝えることができない

    はじめはいてもたってもいられないくらいだった細君への愛は、薄れ、しかしだからといって簡単に切り捨てることなんてできない優しい主人公


    昔の人の恋愛は、いまよりももっと、誠実だ

  • 古本屋をフラフラしていた際に目にとまり、青空文庫でダウンロード。無料で簡単に本が読めるのだから改めて凄い時代になったもんだと感心しております。
    さておき多分教科書で紹介されていた本だから読んだ気がしていたのだけれども、もしかすると初読かもしれない。
    そう思う位衝撃的、いや笑撃的。これが日本文学史に残る本ってほんま?正直驚愕。あまりに内容が陳腐過ぎて笑いが止まらんという感じ。
    まぁコメント不要の酷さかと思うのですが、某銀河何とかという映画より百倍笑えるという意味で★一つ献上です。

全36件中 11 - 20件を表示

蒲団のその他の作品

蒲団 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) 蒲団 (青空文庫POD(ポケット版)) 田山花袋

田山花袋の作品

ツイートする