舞姫 [Kindle]

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.25
  • (8)
  • (23)
  • (48)
  • (8)
  • (4)
本棚登録 : 354
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (25ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とある青年の懺悔の物語。
    16歳で教科書で読んだ時は「ひどい男だ」程度の感想だったのに、30歳を過ぎて読むと、主人公豊太郎の優柔不断と自己嫌悪、それを他者に責任転嫁する赤裸々な弱さ、それでも選んだ道が身に染みてわかりすぎて、胸に迫ってきて、まあ、つらかったこと。

    明治21年。5年のドイツ滞在を終え、帰国の途上にいる青年・太田豊太郎。次の停泊地はいよいよ母国日本という、最後の異国の地サイゴンの港に停泊した夜。彼はドイツ出国以来一度も書けなかった真っ白な日記帳に、自分の鬱々とした胸の内を書き記す。それは彼の受動的な弱い心がもたらしたこれまでの人生と罪を告白する物で…。

    自らの自発的な意思は何一つ示せず、幼き日は母に、長じてからは所属組織に従い、軌道の上で、生きた辞典や法律(現代的に言えば「機械」)になるところだった人生。
    ドイツ留学中に、なんの因果か、舞姫をしていた下層の美少女エリスを助けたことにより、結果的に、ある不幸と不名誉を得る。
    とはいえそれは同時に、生まれて始めて軌道を外れたゆえの束の間の自由と、ささやかな幸せを彼にもたらす。
    けれどそれも長くは続かない。

    親友・相沢の登場によって、心の底に封じこめたはずの思いを蘇らせた豊太郎は、自分より強い周囲の思惑に利用されながら、生来の優柔不断さも相まって自発的な行動をとらなかった。それは彼よりもっと弱い身近な存在に大きな不幸をもたらす。そして、彼はというと…。

    豊太郎の行動は決して褒められたものではないけれど。
    長く社会に出て会社勤めをしていると、上司の命令や友人の言葉はとりあえず否定はしないで返事をする、その後でどうすべきか、自分に有利なことは何かを考えて、動いたり動かなかったりする…ぐらいのことは、私にとっても日常茶飯事で。

    そして時代は、服従と家と立身出世こそ美徳とする江戸の規範を強く残した明治中期で。
    私も豊太郎の立場だったら、きっとこれ以外の選択肢はなかった気がします。むしろ、悩んだだけ、豊太郎は人間的で優しいとさえ思う。

    彼の友人・相沢などは、悩むことすらしない。そんなのは自分の人生にカケラの利益ももたらさないことがわかっているから。だからこそ、自分に有利な駒として、友人の豊太郎も上司も利用し、弱い誰かを不幸にしても、平然とのし上がっていける。
    そして、悩める豊太郎にも、「相沢的な心」があり、それが勝ったからこそ、この結末に辿り着く。豊太郎が本当に憎んでいるのは、きっと、相沢本人ではなくて、「相沢的な自分」。「相沢」は一つの象徴であり、責任転嫁による慰めでしかない。

    改めて読むと、10代の頃には思いもしなかった感情と同調が溢れてきてしかたがない作品でした。汚れた心が痛い…。

    きっと、鴎外と同世代の明治の知識人は、名誉を重んじる世相の中で、彼らと同じ立場にいる人の弱さやずるさをここまで赤裸々に描いたことに強いショックと共感を得たのだと、なんだか妙に納得した作品でした。

  • ドイツへ留学したエリート官僚の太田豊太郎と貧しい踊り子エリスの悲しい恋物語。
    文体は「雅文体」(~ぬ。~けり。等)で書かれている。
    この雅文体づかいの効果なのだろうか、異国にて心細い豊太郎の心情が表現され、境遇の違う二人の、ぎこちなく初々しい恋心が目に浮かぶ。
    そして、その恋の先には、どうしようもない別離が待ち受けているのだと感づかずにはいられなくなるのだ。

    母親やまわりの期待にそえるよう生きていかねばならない豊太郎の決断は、やはり致し方ないのだろう。
    豊太郎の子を身籠ったエリスの痛々しい姿に遣り切れない気持ちになる。
    切ないけれども優雅なエキゾチズムに浸れる作品だ。

  • 高校生のとき現代文で読んで、主人公は最低だなと思ったものだけれど、30年近く経って読み返してみたら、最低というよりどうしようもない男だった。帰国しても周囲の圧力に反応するだけの豊太郎の人生が思い浮かばれてぐんにゃり。それにしても鴎外はこちらが最低だと思う行動を正確に主人公に取らせていて、確信犯なのだが意図が見えない。エリスが無垢すぎなのと、発狂という口封じを使うのは枚数に限りがあったから? 秀才ボンクラが現場から逃げ出す結末に、これでかたがついたと思うなよ、という気持ちになったのだった。

  • 貧きが中にも樂しきは今の生活、棄て難きはエリスが愛。

    この一文はすごく素敵なのに、なぜ太田豊太郎はエリスより故郷を取ったのか。
    母が死んだこと等が重なり、散々思い悩んではいるようだけど、あまりにもひどい。
    エリスにばかり肩入れしてしまいます。

    古い文体で行きつ戻りつしましたが、意を決して読み始めると、
    エリートのエリート然とした悩み。ドイツの冬の街並み。そしてエリスの美しさ。
    不思議と言葉の流れがよく、これらの描写や大意はすんなり頭に入ってきます。
    うーんだけどやっぱり、故郷を取ったのはひどい。

  • 久々に読み返しても、最後の一文がすごいです。相沢さんのせいじゃなかろうw
    しかし主人公のエリートっぷりが半端ないです。

  • 「「目指せ欧米!」の気分に呼応した鴎外の武勇伝」

    その昔、郷ひろみ主演『舞姫』という映画を見た。郷ひろみが豊太郎に合っていたかどうかはおいておいて、この実写版のクライマックス、豊太郎の仕打ちに髪を振り乱して「トヨタロ~!!」と叫ぶなまエリスをみたときの気持ちはなにやら「こっぱずかしい…」というものだった。

    日本人としてはちょっと自虐っぽい話になるけれど、少なくとも明治時代くらいまでは、白人夫に日本人現地妻という組みあわせが圧倒的に多かっただろう。そのせいか、蝶々夫人や唐人お吉にヨヨヨ…となることはあっても、維新からたかだか30年そこそこでこの逆パターンてどうよ…今思えば、それが恥ずかしさの中身だったと思う。あるいは男女関係においても急速な、当時の基準によるところの「欧米化」が進んだとみるべきだったのか。

    これを読んだ当時の明治の人たちはどう感じたのだろうか。欧米に追いつけ追い越せの気分の中で、彼らの中に白人コンプレックスが全く無かったとは思えない。例えば自分が明治時代の小市民なら「青い目のお妾さんだってよ。へぇ~世の中変わったもんだねぇ~」ほどの感想を持ち、さらに男ならやっかみ半分「してやったり!」くらいのことは言ったかもしれないと想像してみる。

    いくら世の中が変わったとはいえエリート官僚として外国に渡り、あまつさえ現地の、しかも白人女性との恋愛体験など決して普通のことではなかったでしょうからね。だから鴎外は、非情で不実、ダメダメな自分を書きたかったというよりは、当時の日本にとっての「世にも稀なる貴重な体験」を書きたかったのかもしれない。膨大な「意味調べ」の宿題を課し高校生の私を苦しめたこの文語体での流暢な描写も、さてはそのあたりの本音を見せないためのカムフラージュだったのではっ…

    豊太郎、あるいは鴎外のエリスへの愛がどれほど純なものであったか、今となっては知る由もないが、期せずして『舞姫』は欧米化を急ぐ日本にとって鴎外の武勇伝と化していたのかもしれない。

  • 「日本 文学 名作 おすすめ」で検索すると必ずと言っていいほどトップ近辺で登場するので読んでみた。

    ページ数は少ないながらも、古文。
    かなり難読。
    なので一度断念し、口語訳を調べ読んだ。

    始めから悩みが付きなそうな主人公大田豊太郎。…ベルリンで何かあった様子。

    エリスとの出会い、恋愛に溺れていく様。
    豊太郎は職を失いエリスも妊娠したためダンサーを辞める。

    豊太郎が仕事上の成功を望むこととエリスとの生活にはズレが生じてくる。
    当時は恋愛の先に結婚があったわけではなく恋愛観の違いを今を生きる私達は知るべきなのかも知れない。
    それをお互い分かっていてでも本性としては納得できなくてエリスは気を病んでしまったんだと思う。

    私の望みとしては子を産んだ後、ダンサーとして復帰して舞姫を再起して欲しい。
    メンタル強いエリスが見たかったな、仕事を斡旋してくれた友の一つの告げ口をいつまでもウジウジ悩む豊太郎とは対称に。
    現代の舞姫ならそうしてるはずだ!(希望)

    文が美しいと評価が高い原文は口語訳と段落毎に切り替えて読んだ。
    異国情緒に満ちた町並みを想像し空気まで伝わって来るようだった。当時の日本人は外国に行った人は少なかっただろうから大変興味を持って読んだことだろう。
    私、個人的には『高瀬舟』がとてもよかっただけに何か納得できなくてモヤっとした。

    正直、学生に読書感想文の課題図書として出すのは難しすぎないかと疑問に思った。

  • ベルリンの地で自分の子を身ごもった青い瞳の愛する少女との貧しいがささやかな人生を取るか、それとも日本に戻り名誉を取り戻すチャンスを選択するのか。。。

    学に優れ入省し20代でベルリンに赴任した豊太郎。出世の道を歩んでいた彼はベルリンにて少女に恋に落ち、結果として職を解かれ名誉も祖国も失ってしまった。

    しかし生涯の友の計らいで、日本から来た大臣に仕事ぶりが目に止まり、日本に戻り名誉回復できるチャンスが到来する。

    祖国への思い。名誉回復できる思い。愛する少女への思い。我が子を身ごもった少女への思い。豊太郎の心は揺れる。

    ****************
    自分だったらどうするだろうかと思い、感情移入しながら一気に読み進めた。

    僕だったら結婚して日本に呼び寄せて共に暮らすであろう。もし彼女がベルリンを離れられないのであれば、彼女と共にベルリンでの生活を選択しよう。しかし時は1890年頃である。異国の地の女性との結婚は許されなかった時期だったのであろう。

    豊太郎の選択した道。そしてエリスの「裏切られた」と知ったあとに襲う悲劇。
    何と切なすぎる。。。豊太郎には他の選択肢は考えられなかったのだろうか。。。

  • 文語体初めてで最初無理かなって思ったけど、なんとか読めた。
    正直ストーリーを追っていくのが精一杯で主人公豊太郎の細かい心情、愛とか苦悩はあまり深く感じることができなかった…。小説ってそこが面白いところなのにね。。。
    最後エリス精神病院に入れられちゃったの??可愛そう。若くて貧しくて独り身で日本人とのダブルを育てていくのは大変だろうけど、発狂しちゃうか。
    学問?仕事?と愛とは両立できないもんかな。エリスと相思相愛なんだから上手くいってほしかった。
    調べたら森鴎外の実体験が元ネタらしい。実際には女性が日本まで来て森鴎外の予想外の貧しい生活を見て国に帰って行ったらしいけど。

    うーん、ホントさらっと読んでしまって感動も何もなかったな。またいつか読みたい。

  • 文体が古語でほとんど読解できなかった。

全35件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1862-1922年。小説家、評論家、翻訳家。本名は森林太郎。陸軍軍医として最高位を極める一方で、旺盛な文筆活動を展開し、晩年は歴史小説、さらに史伝に転じた。1917年から没するまで帝室博物館総長兼宮内省図書頭を務め、歴代天皇の諡号(おくりな)の出典を考証した『帝謚考』(1921年)を刊行。主な著作に『舞姫』(1890年)、『高瀬舟』(1916年)など。

「2019年 『元号通覧』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森鴎外の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

舞姫を本棚に登録しているひと

ツイートする