天は赤い河のほとり(3) (フラワーコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 小学館
4.14
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (186ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カイルと一緒にティトの故郷での戦争に行き、仇であるズワに捕まったところから。

    無謀だし、不用心過ぎる…
    が、物語はテンポ良く進むのでそれはそれでいいのかも。

    タイムスリップものの定番「歴史を変えちゃうのでは」という場面が少し出てきたけど、まだそこまでの大事ではない感じ。

    戦いの神と崇められたり、ちょっと習った剣がすぐ使えたり、特殊な能力を持っていそうな展開。
    「やっと見つけた生贄」と皇妃は言っていたけど、処女以外にもユーリには何か資格があったのかな?

    惹かれ合うカイルとユーリの関係も気になる。

    全巻揃えてみようかな…!

  • どこの国も侵さず
    どこの国にも侵されず
    戦いのない
    平和な治世だ

    カイルは、腹心の友であり異母弟のザナンザとオリエント覇権を誓う。

    が。皇妃はザナンザ第4皇子の心さえも操る。

  • 「どこの国も侵さずどこの国にも侵されず戦いのない治世だ。」カイルの願う理想の国は夢物語なのか。「邪魔じゃないなら側において」ユーリの気持ちはもう氷室じゃなくカイルによってるが。

全3件中 1 - 3件を表示

天は赤い河のほとり(3) (フラワーコミックス)のその他の作品

篠原千絵の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

天は赤い河のほとり(3) (フラワーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする