恋愛曲線 [Kindle]

著者 :
  • 2012年10月1日発売
3.65
  • (4)
  • (7)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (21ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 失恋!何という悲しい運命であろう。僕は、その人ごとならず思ったよ。僕も同じく失恋の苦しみを味わう人間ではないか。失恋曲線
    君は数学で、マイナスとマイナスを乗ずるとプラスになるということを習ったであろう。僕はこの原理を応用して、失恋を恋愛に変えようと思ったのだ。君よ、死にまさる強さが世にあろうか。

  • 短いお話の中に狂気と生々しさを感じられます。ミステリーとまでは言えませんが一種のトリックを使用してあり、とても読み応えがあります。時間が無いけど世界観に浸りたい人によいのではないでしょうか。この曲線が描いているのはただの恋愛曲線だけではないように思えます。

  • ここでいう恋愛曲線は、二人の距離を測るとか、恋人をつなぐ赤い糸とか、そういった類いのものではありません。

    心臓をテーマにした、グロテスクな短編小説。描写が非常に具体的で、それが不気味な内容にリアリティを与えています。
    個人的には安部公房の他人の顔を思い出しました。

  • 友人に「恋愛曲線」を贈る?何それ?と思ってたら、そういうことなのね。見事。

  • 気持ち悪くなった 読まなきゃよかった・・・ orz
    オチは見当ついてたんだから、途中で止めるべきだった・・・

  • この手紙の書き手である科学者は、失恋したある女と自身の血液とを使用し《恋愛曲線》を著し、それを元恋人の結婚相手に贈る。雪絵とは円満で別れることが出来ていなかった為にその恨みを読み手である結婚相手に綴っているのかと結婚相手と読者に疑わせておいて、科学者と雪絵とは円満、結婚相手と雪絵とは不円満、そして、科学者に心臓を捧げた女は、雪絵だったのである。

    緻密な実験描写が特徴的で、想像がつきやすいために少々不快にもなったが、読後、それは失恋した女と科学者への同情も含まれていたことに気付いた。今ではむしろ爽快である。自身の恋愛が成就した結婚相手にとって盲点であった純愛を、2人の心中によって強烈に表現した。

    尊敬する先輩に聞いた〇〇の△△が無かった説を考えるのはとても楽しそうだ。

  • 少年少女・ネタバレ談話室(ネタばらし注意!)
    恋愛曲線 小酒井不木 マイナスかけるマイナスはプラス!?
     http://sfclub.sblo.jp/article/175637151.html

  • 引き込まれる語り口はいいが、最後がいまいち。

  • 恋愛曲線てなんだ?と思いながら読む、手紙形式の作品。ミステリというかサスペンスに近いのだが、次第に恋愛曲線の何たるかが想像できるようになり、その狂気が怖かった。
    青空文庫でも読めます。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

推理小説作家。東京大学医学部卒、医学博士。1890-1929.医学的・心理学的知見を駆使した作風で屹立。代表作に、「痴人の復讐」「恋愛曲線」「闘争」など。

「2017年 『疑問の黒枠』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小酒井不木の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×