瓶詰地獄 [Kindle]

著者 :
  • 2012年10月1日発売
3.44
  • (12)
  • (24)
  • (35)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 250
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (14ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 瓶詰地獄 夢野久作
     これは、ある島に漂着した3つのボトルメッセージについて書いた短編小説である。無人島に行き着いてしまった兄妹が助けを求めて、3通のメッセージを瓶にいれて海に流す。しかし、書かれて方として、時系列が新しいメッセージからであり、とても奇妙なものとなっている。幼いころに漂流したため、言葉も、漢字もわからない二人が、聖書を通じて難しい言葉や漢字を理解し、手紙を書けるようになるまでの成長を感じ取ることのできる小説でもある。
    一通目の内容は、救助船が来たにも関わらず、身を投げてしまう。なぜ、助けに来たことがわかったのに、心中してしまうのかが疑問である。二通目は、無人島での生活について書かれている。漂着してどのくらいかはわからないが、10年たったようにも感じている。日々、二人きりで過ごしているうちに、男女として意識し始めてしまった。しかし、聖書を読んでいるので、禁断の恋をしていることに罪悪感を覚えていたのではないか。この二通目の文章は、どんどん読み進めたくなるような文で、聖書だけで学んだ文章能力とは思えないような書き方である。三通目は、両親に助けを求めている文章である。カタカナで書かれていることから、漢字がわからない、まだ幼いころに書かれた文章であると考えられる。
    これらのことから、この小説は奇怪で、でも読みやすい文章であった。

  • 海難事故に遭った兄妹が南の島に漂着し、苦悩する話。

    漂着した当時は子供だったが、長い月日が経つにつれて二人の肉体が成熟してくる。
    兄は美しく成長している妹の姿に困惑する。
    そんな妹も兄を意識している。

    これが兄妹の関係ではなく、恋人同士ならパラダイスだろうに。

    孤島で生きていくには、動植物たちと同化し、野生化すれば楽なのだろう。

  • 作者は夢野久作。この作品は3通の手紙を通して成り立つ3部形式の物語となっている。雑誌「猟奇」〈1928(昭和3)年10月〉で「瓶詰」として初出後、何度か改稿を繰り返した後に現在の題名である「瓶詰地獄」に変更された。
    物語は3通の手紙を通して展開していく。幼い頃に遭難した二人の兄妹が話の主人公として登場し、語りは主に兄の「私」、「市原太郎」である。妹の名前は「アヤコ」。第1通目の手紙では助けに来た船に乗った両親を見ながら身投げすること、それに対する両親への謝罪が綴られている。第2通目の手紙では自分たち兄妹が遭難してからどのように暮らして来たか、成長するにつれお互いを男女として意識せざるを得なくなってしまった事への懺悔が綴られている。第3通目の手紙では自分たち兄妹が遭難した先の島で元気に暮らしている、早く助けに来てほしいとの文面が全文片仮名で綴られている。
    まず3通目は全文が片仮名で書いてある事から、まだ読み書きが拙い頃に書いたものではないかと推察できる。2通目では兄弟が成長し、聖書を通して読み書きも十分にできるようになっている事が伺える。この頃になると2人はお互いを男女として意識し始める。無邪気なアヤコの言動に太郎は苦悩する事となる。1通目の時点で兄妹は既に男女の関係になってしまい、それを苦にして身投げをするに至ったのではないかと考察した。手紙の中で両親がこちらに手を振っている描写が存在しているが遭難から経過した年月や届いていない瓶を見るに、これは兄妹の幻覚であると言えるのではないだろうか。このことから手紙の正しい順番は3通目→2通目→1通目となる。
    以上より、読めば読むほど混乱を極めるのがこの物語のミソであり、読者の分だけ捉え方の変わる作品である「瓶詰地獄」は読みがごたえのある非常に面白い作品と言えるだろう。

  • 『ドグラマグラ』で有名な
    夢野久作の短編。
     
    無人島に残された兄妹。
     
    ボトルレターに残された3通の手紙。
     
    最後に読まれる手紙が切ない。

  • 200122
    再読。夢野久作の中でも有名な短編
    1〜3のどの順番が正しいのか?正解を決めることはできないかもしれないが、それぞれの選択肢を考えることに意味はあるだろうと思う

  • 禁断の恋。
    好き。

  • 読了後になぜか鳥肌がたちました。閉鎖された空間で時間を共にしていくうちに、兄妹という関係が壊れていきそうな予感を感じつつも、必死にそれに逆らおうともがき苦しんでいる様が、とても短い文章の中に書き表されていました。自分の欲望が罪深いと分かっていながら、自殺してしまえば妹が悲しむと分かっているため、どうすればいいのかわからないという板挟み状態に苦しんでいる様子が、彼の言動から伝わりました。さに題名のとおり「瓶詰地獄」だと思いました。彼らはお互いを想うあまりにこのような苦しみにあいましたが、一緒に自害を選んだというには、彼らにとっては一番幸せな選択だったのではないかと思いました。しかしもっと他に選択肢はなかったのだろうか、と同時に思いました。

  • 夢Qってもしかして妹萌えなん? 読解力が低く、無批判で読んでしまったため、シスコンの話だとしか思わなかった。 この感性の浅ましさ…………恐ろしさ…………。 ネットで調べたら、納得。男女、楽園、聖書、神、信仰…。でも、アヤコの性別解釈は深読みしすぎでは。

  • 無人島で兄妹…一線を越えたくて越えられない悩み、かぁ。昔からこういう設定あるんだね。

  • 短編で30分かからずに読み終わると思います。

    ラスト数行で鳥肌が立ちました。。

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

明治22 (1889)年1月4日福岡に生まれる。本名杉山泰道。幼名直樹。法号萠圓。父杉山茂丸は近代における政界の黒幕といわれた。旧制修猷館中学を卒業後、近衛歩兵連隊に入隊。慶応義塾大学に入学後、大正2(1913)年に中退。放浪生活ののちに出家し、僧侶となる。大正6(1917)年に還俗し、父の出資による農園を経営する傍ら執筆を開始。結婚し、喜多流の謡曲教授となる。大正8(1919)年に九州日報に入社、記者となる。大正15 (1926)年に「あやかしの鼓」を発表し作家活動を始める。昭和10(1935)年「ドグラ・マグラ」を出版。昭和11年(1936)3月11日逝去、享年47歳。

「2019年 『定本 夢野久作全集 第6巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夢野久作の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

瓶詰地獄を本棚に登録しているひと

ツイートする