プラネテス(1) (モーニングコミックス) [Kindle]

著者 : 幸村誠
  • 講談社 (2001年1月23日発売)
4.10
  • (17)
  • (23)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :168
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (232ページ)

プラネテス(1) (モーニングコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 登場人物全てに歴史があり,ドラマがある,という深みのあるストーリィだった.

  • 骨太のSF。
    宇宙飛行士とはかくも己と向き合わねばならぬのかと考えさせられた一作。

  • 弟の成長が良かった。

  • とても好きな作品。セールで安かったのでポチってしまいました。

  • やっぱり面白い。
    1巻はメインキャラ3人がそれぞれ主人公になって話が進んでいって、はちまきが主人公に落ち着いていく感じ。それにある程度のメインテーマが固まったところだろうか。
    はちまきが土星に行く。

    はちがはちと会話するシーンはいいな〜

  • やっぱり好きだなあ宇宙もの。

  • ヴィンランド・サガの12巻が発売日にKindle版が出ず、この欲求をなんとかするために同作者の過去作を購入してみた。

    舞台は2075年。

    主人公はスペースデブリ(宇宙ゴミ)を回収する会社に務める星野八郎太という男。

    ヴィンランド・サガのような激しい作品ではなく、八郎太(通称:ハチマキ)の目を通して同僚、家族などとの日常が描かれている。

    さすがに2000年頃の作品とあって、今読むと多少古めかしい発想の未来機器などが登場するが、それはしかたない。

    しかし、未来に世界が本格的に宇宙に進出した際、抱えるであろう環境問題や社会問題など、物語を通して知ることができ、「なるほどなあ」と感心する部分もあって面白い。

全7件中 1 - 7件を表示

プラネテス(1) (モーニングコミックス)のその他の作品

幸村誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

プラネテス(1) (モーニングコミックス)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

プラネテス(1) (モーニングコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする