寄生獣(5) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.32
  • (13)
  • (12)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 89
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (214ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 加奈が健気。

  • 物語の主要な登場人物がわりとアッサリと殺されていくんだな。
    知恵を付け始めた寄生獣達と、その正体に近付いて行く一部の人間達。
    人間達はビビリで秘密主義だから、なかなか寄生獣対人間、という形にはならない。
    どこに向かっているのかな。
    ただ新一だけが戦うんじゃ物足りないな。

  • 社会に溶け込む寄生生物達。
    寄生された自分の秘密を加奈に告白する新一。
    能力を強めた加奈に危機が迫るが、守ることができない。
    寄生生物達の反撃が始まる?!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1960年東京都生まれ。
1985年『ゴミの海』が「モーニングオープン増刊」に掲載され、デビュー。1993年「アフタヌーン」に連載の『寄生獣』で第17回講談社漫画賞受賞。代表作に『寄生獣』『七夕の国』『ヘウレーカ』等がある。
現在は「アフタヌーン」に『ヒストリエ』を連載中。同作は第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第16回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞。

「2018年 『寄生獣リバーシ(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寄生獣(5) (アフタヌーンコミックス)のその他の作品

岩明均の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする