ちはやふる(6) (BE・LOVEコミックス) [Kindle]

著者 : 末次由紀
  • 講談社 (2009年9月11日発売)
4.20
  • (7)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :84
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (191ページ)

ちはやふる(6) (BE・LOVEコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 太一が見ていてつらい…。

  • A級の公式選(戸田市スポーツセンター)に初めて出場した千早は、1回戦で敗退し速いだけじゃないかるたも目指す

    そして
    B級決勝戦、D級決勝戦は、瑞沢高校かるた部対決

    ---*---*---*---*---

    6月 全国高等学校かるた選手権東京都予選

    7月 全国高等学校かるた選手権大会 
        団体戦/個人戦

    (2学期)

    秋 体育祭ー部活対抗リレー

    9月中旬 金沢大会(北国かるた大会)
    9月下旬 埼玉大会(@戸田市スポーツセンター) ← now
    10月上旬 川口大会(吉野会大会)
    10月上旬 定期考査
    10月下旬 名人・クイーン戦 東日本予選

  • 大会の個人戦。
    千早が早々に負けたので、準主役の皆さんの熱い戦いが見れて面白かった。
    やっぱりサブストーリーが盛り上がった方が全体的に面白い。

    千早一回戦のオバちゃんとの戦いで、「早いだけじゃダメ」というので、インディアカを思い出した。
    年配のチームと当たると、私達の方が体力も運動能力も高いのに、アワアワして連携取れずに自滅して負けてたな。
    オバちゃんチームの決定力はないものの安定力の高さはすごかったもんな。

    「女たるもの美しく美しくなければなりません。戦うときも。」は常に心にとめておかねば…。

    最後のテストのくだりは学園物だとよく出てくるけど、実際現実問題で考えるとどうなんだろ。
    ここまで打ち込んでる物があるのに、学校の常識に当てはめて、一般的な進路(大学受験など)を決めなきゃいけない、ってのは、今後なくなっていったりするのかなぁ。

  • 美人ではなくても所作が美しい人は綺麗に見える。かなちゃん素敵。かなちゃんも机くんも決勝に残れるくらい強くなったんだね。かるたを初めて間もないのに凄い。新にはブランクがあるけど、今の強さはどれくらいなんだろう。

  • この号も楽しく読みました~。
    競技かるたには札の配置がすごく重要ということがよくわかる巻でした。
    かなちゃんの袴の身のこなし、素敵。

    また、かなちゃん流のかるた攻略法もおもしろい。

    「なにわえの」「なにわがた」は年代でいえば約200年も違うというのはあらためて驚き。それで同じ「なにわ」でもイメージできる色と景色が微妙に違うのだと。

    また、小式部尚侍の札が出たらさりげなく和泉式部をチェックしたり(親子)というところも人物関係図を把握しているからこそのやり方なんですね~。

    私はかなちゃん式のかるた攻略のほうが好きです。

全5件中 1 - 5件を表示

ちはやふる(6) (BE・LOVEコミックス)のその他の作品

ちはやふる(6) (BE LOVE KC) コミック ちはやふる(6) (BE LOVE KC) 末次由紀

末次由紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする