げんしけん(1) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (5)
  • (10)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 110
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (172ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オタクマンガにしては守備範囲が広すぎて乗り切れない。

  • 大学のオタサーの雰囲気まるごと出過ぎてて痛さすら感じる。大学でオタサーちょっとだけ入ってたけどまさしくこんな感じだったなー。リア充が近くに来ると黙っちゃう感じとか、ちょっとした知り合いは気づかないフリするとか、わかりすぎる。

  • 一世代前のオタクっぽい印象だけど、結局、本質的にはあんま変わってないなって感じがする

  • 2014/01/11購入・10/18読了。

    大学でオタクデビューする話。…だと思います。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1994年アフタヌーン四季賞にて、『点の領域』で四季賞を受賞してデビュー。1997年から『四年生』(全1巻)『五年生』(全5巻)を連載。2002年から2006年にかけて『げんしけん』(全9巻)を描き上げた。2006年からは『くじびき・アンバランス』(全2巻)の原作を担当(画・小梅けいと)。

「2017年 『新装版 げんしけん(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

げんしけん(1) (アフタヌーンコミックス)のその他の作品

木尾士目の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする