支那人の食人肉風習 [Kindle]

著者 :
  • 2012年10月3日発売
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (8ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 論文ということですが、端的にまとめられているので短時間で読めます。
    先日読んだ南方熊楠の人柱の話と同様、歴史的資料から引用されたダイジェストですが、熊楠本と大きく違うのが他人が読むことを強く意識して書かれているということ。
    このため旧字体にも関わらずとても読みやすいです。
    古代中国において人肉食が割と普通のことだったのは知っていましたが、その理由が5つに分類されているのがわかりやすくて良かったです。
    飢饉、おもてなし、治療。
    死後にも肉体に苦痛が及ぶという考えのもと、憎い相手の肉を食すのは初めて知りました。
    悠久の歴史と文化を誇った古代中国への魅力は尽きませんね。

全1件中 1 - 1件を表示

桑原隲蔵の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×