星の銀貨 [Kindle]

  • 2012年10月4日発売
3.21
  • (1)
  • (1)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (4ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • グリム童話を楠山正雄の訳で。

    貧しく両親のいない女の子。住む部屋も失い、着の身着のまま一人ぼっちで歩いている。
    手には人から恵んでもらったパンがひとかけ。
    しかし、信心深い女の子は、慈悲深い神様がどこかにいらっしゃることを疑わない。

    歩いていくうち、女の子は、ひもじい人、泣いている子、震えている子に会う。
    乞われるままに、女の子は1つ1つ、持っているものをすべて与えてしまう。
    きれいさっぱりすべてを手放した女の子に、奇跡が起こる。

    4ページほどの短い話を、楠山はやさしく美しい日本語で綴る。
    原題はDIE STERNTALER。Sternは星、Talerは銀貨を指す。Sterntalerはグリムによる造語で、「星の銀貨」といった意味となる。
    きりりとしまった中に、夢のような余韻を残し、どこか忘れがたい物語である。

    楠山正雄は演劇研究家・児童文学作家で、「赤い鳥」にも参与している。
    日本の昔話だけでなく、世界各地の童話を紹介した。グリム、アンデルセン、ペロー、アミーチス、イプセン等、ドイツ、フランス、イタリア、スウェーデンの幅広い地域の作家の作品を訳している。楠山がすべての言語に堪能であったのか、英語等からの重訳なのかはよくわからないが、いずれにせよ、子供たちに世界のお話への窓を開こうとした熱意には並々ならぬものがあったのだろう。

  • 最初の方の人たちはともかく、後半の子供二人はすでに身ぐるみはがされかけてる女の子からさらに服を奪おうという完全なる極悪人ですよね。

    でも、結局moneyが全てを解決してくれてよかったです。

  • 信仰深い、善人は救われる話。

  • 2017.12.15 読了

  • 能登麻美子 おはなしNOTE 2月4日配信 第97回

    世界から捨てられ、静かにやけっぱちになった女の子が、自分を捨てた結果、人生を得た。

    富を得た女の子は、その後、どのように生きたのだろう。

    フランクルの「夜と霧」を読んだ後だったので、「強制収容所なら、この子は死んでいたわ」と思ってしまった。自由っていいものだな。

    能登さん、お誕生日おめでとうございます!

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

グリム兄弟●
19世紀にドイツで活躍した文学者のヤーコブ・グリム(1785年~1863年)とヴィルヘルム・グリム(1786年~1859年)の兄弟。裕福な家に生まれたが、父の死で困窮、親族の援助で大学に学び、優秀な成績をおさめた。兄は法律家としての活動でも知られる。ドイツ各地の古い民話を収集し、創作を加えて『グリム童話集』としてまとめた。160以上の言語に翻訳されたと言われ、世界中で読まれている。

「2017年 『美女と野獣 七つの美しいお姫さま物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グリム兄弟の作品

ツイートする
×