桜の園 [Kindle]

  • 2012年10月4日発売
3.46
  • (2)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (95ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ロシアが変革期にあった時代の作品です。
    最後まで貴族マインドが抜けきれない兄妹を始め、
    コンプレックス高めの成金や
    うだつの上がらない万年学生や
    天真爛漫が過ぎて世間知らずのお嬢さんや
    まぁまぁ、いわゆる「イタい」人たちが出てきます。
    端で見てる分にはツッコミどころ満載の登場人物たちですが、
    ふと自分に立ち返ってみると「ぐぬぬ…」と思わざるを得ないというか。
    そのへんの人物の作り方が、狂言の演目に出てくる人物のようで
    突っ込んで終わり、にはできない内容になっています。
    今春舞台もやるようなので、ぜひ見てみたい!

  • 三作目になって少し読み方わかってきた。

  • やはり戯曲って読むのは辛い。舞台を観たことの無い当方には尚更。リズムがどうしても合わない、昔から。
    ほんとは歴史的背景とか含めて面白いんだろうとは想像できるんですがのぅ。

  • 東京・ノーヴイレパートリーシアターの桜の園公演があったので、原作確認のためにざ~っと読了。アニシーモフさんはかなり大胆に内容を端折り、能楽堂という場所に合わせたアレンジにしていたのですが、原作の方が「わちゃわちゃ」している感じ。この戯曲の喜劇性ってどこなのか?って、チャップリンの言う「引きで見ると喜劇」というところなんじゃないか。登場人物ひとりひとりのセンチメンタリズムたっぷりの台詞の空々しさとか、人生の皮肉みたいなものをクスッと笑っちゃおうという・・・。

  • 観劇の予習に。
    串田和美演出はロパーヒンを中心に据える。その着眼点はわかる。貧しい農奴の息子が、没落した貴族のお屋敷を自ら買い取り、嬉しさを爆発させる。この戯曲中もっとも興味深い人物の一人だろう。
    最後に桜の木を切るのは「ブォォォ」というチェーンソーの音。今の時代の切りかたとして正しいが、「カーン」という斧の音の哀愁のイメージは強い。

  • 「遠くで、桜の木に斧を打ち込む音がきこえる。」

    借金で家が競売にかけられそうな一家を描いた話。ロシア文学に現れる一家はたいてい没落しつつある家庭だ。本作でもあおうである。ある者はその土地を別荘地にするよう提案する。それにより裕福なれると。だが、彼らは賛成しない。庭の桜の木を切られてたまるものか。

    多くの人が登場する。愛称での呼び合いもあり、誰が誰かを覚えるのは難しい。しかし、誰が誰であるのかはそれほど重要ではないだろう。流れを読まなければならない。チェーホフの作品を読むと、なぜか懐かしい淋しさを感じる。

全7件中 1 - 7件を表示

アントン・チェーホフの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする