朝顔日記の深雪と淀君 [Kindle]

著者 :
  • 2012年10月4日発売
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (5ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 上村は、髷が好きである。
    桃山時代には、桃山の特徴があり、元禄時代には、元禄の特徴がある。もっとも芸術性に乏しいのは、現代のハイカラ姿が1番嫌い。
    朝顔日記の深雪と淀君が好き。
    内気で淑かな娘らしい深雪、男優りの淀君とは、正反対の性質だけれどこの二人の女性に依って現わされた型が好き。

  • 明治期には多くの日本美術が海外に流失していますが、掛け軸については一個の芸術家の作品とみなされず工芸品として買い叩かれたと聞いたことがあります。近代に入り日本画は国際的な評価を得られずいわば自己喪失に陥ります。そんな時代の激流の最中にあって、孤高を保った松園のピュアな独白を聴くようです。

全2件中 1 - 2件を表示

上村松園の作品

朝顔日記の深雪と淀君を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×