音の世界に生きる [Kindle]

著者 :
  • 2012年10月4日発売
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (8ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 以下ネタバレ(抜粋)

    私が一番苦々しく思うことは、相手の人によって言動に階級をつけることである。人間はどうしてああいうことをせねば気がすまぬのか。それは偉い人には敬意を表さねばならぬのは勿論だが、目下の者だから貧しい者だからといって何故威張らねばならぬのか。私にはそういう気持がわからない。それでよく弟子達に、「先生は誰にでも頭を下げるから威厳がない」と叱られたりするが、しかし私は自分の値打を自分で拵えて人に見せようというような気持にはなれない。

    ---------------------------

    これは非常に共感した。本当に幼い子に対しては声を変えるかもしれないけどそれ以外のある程度大きくなったものには丁寧に対応する人が好きだね、男だろうが女だろうが。自分もそうありたい。

  • 作曲家・箏曲家、宮城道雄のエッセイ。宮城は「春の海」の作曲・演奏などで知られるが、文筆家としても名高かったそうである。内田百閒と親しく、互いの随筆にしばしば言及があるという。

    「幸ありて」「声を見る」「騒音もまた愉し」「音に生きる」の4編。
    宮城は生まれついての盲人ではなく、7歳の頃から徐々に見えなくなり、9歳で失明した。その年から筝を始める。元々音楽好きだったこともあり、ずっと筝に向かっていたという。
    目の悪い人は往々にして他の感覚が研ぎ澄まされるというが、宮城も大抵のことは不便がなく、また周りの様子も相当にわかるという。
    おもしろいのは声の様子から、相手の身体つきや職業、気分もわかるというあたり。お医者さん、先生、坊さん、弁護士などというのはわかるものらしい。「頭を使う人の声は濁るようである。」とも言っているが、そんなものなのかな・・・?
    声だけではなく、足音でもわかるという。家のものか、客か、弟子か。外を歩いていてもこれは芸者だな、等とわかる。とはいえ、外れることもあり、お巡りさんかと思ったら、女学生だったなどということもある。「この頃の女学生は活発な歩き方をするので、私の耳も判断に迷うことがある。」というのが半分負け惜しみに聞こえてちょっとおかしい。
    その他、遠くの音が妙によく聞こえるときには、2,3日して天気が崩れるというのは確かにありそうなことで、やはり聴覚はかなり鋭敏であったものなのだろう。

    中途失明者であった宮城には、うっすらと色の記憶があったようだ。作曲をする際には、音とともに色も浮かんだものだという。このあたり、少し共感覚のような感じだったのかもしれない。
    代表作「春の海」を弾く際には、どんな色が浮かんでいたものだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

宮城道雄の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

音の世界に生きるを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする