人工心臓 [Kindle]

著者 :
  • 2012年10月4日発売
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (23ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦前に書かれたというのが信じられないくらい、なかなかハードなSFです。医学をしていた作者らしく、実験の進む描写が具体的に描かれており、作品全体を通して不気味さがあります。描写はわりとグロテスクなので苦手な人は苦手かもしれません。

  • 印象に残った言葉
    医学の最大の任務は、病気の治療にあるのではなくて、病気に対する恐怖心を除くにあると悟りました。
    恐怖があり、病気があり、死ということがあればこそ、人間に生き甲斐があるのかも知れません。

  • なるほど、この前読んだ『恋愛曲線』といい、こういうスタイルなわけね。なかなか驚かせてくれる。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

推理小説作家。東京大学医学部卒、医学博士。1890-1929.医学的・心理学的知見を駆使した作風で屹立。代表作に、「痴人の復讐」「恋愛曲線」「闘争」など。

「2017年 『疑問の黒枠』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小酒井不木の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

人工心臓を本棚に登録しているひと

ツイートする