死の接吻 [Kindle]

著者 :
  • 2012年10月4日発売
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (22ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 真夏にぴったりな短編
    作中の華氏120度、どうせ昔基準での「暑い」だから30度程度でしょって思いながら摂氏に変換してみたら48度って出て小酒井不木の正気を疑った
    どんでん返しってほどではないんだけどいい展開だと思いました

  • なんかどこかで聞いた事のあるタイトルだな。確かに、タイトル通りに死の接吻だったな。なんとも痛烈な医者批判が垣間見える

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

推理小説作家。東京大学医学部卒、医学博士。1890-1929.医学的・心理学的知見を駆使した作風で屹立。代表作に、「痴人の復讐」「恋愛曲線」「闘争」など。

「2017年 『疑問の黒枠』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小酒井不木の作品

死の接吻を本棚に登録しているひと

ツイートする
×