ある自殺者の手記 [Kindle]

著者 :
  • 2012年10月4日発売
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (10ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第4回(古典ビブリオバトル)
    チャンプ本

  • 散りばめられた医学的な知識と、頭にすっと入り込む語りかける文体、論理的ながら狂った登場人物に、よく練られた構成とどんでん返し。安部公房っぽくて凄く好きです(時系列的には安部公房の方が後ですが)

  • これ面白いなぁ。
    先の展開が想定できて、どんでん返しも特には無かったけど、「この手記を書いたのがどちらの加藤かわからない」という箇所にはぞくっときた。

  • ミステリーと恋愛が融合した作品。自死を前に遺書を綴る人間の狂気を上手く描き、読み手側をも恐怖に突き落とす。しかし、この文章がクセになる。恋愛と失恋は人を不幸にも幸せにもしてしまうのかとひしひしと感じながら読了。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

推理小説作家。東京大学医学部卒、医学博士。1890-1929.医学的・心理学的知見を駆使した作風で屹立。代表作に、「痴人の復讐」「恋愛曲線」「闘争」など。

「2017年 『疑問の黒枠』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小酒井不木の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする