女王スカァアの笑い [Kindle]

  • 2012年10月5日発売
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (9ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  Kindle版ではなく、『かなしき女王―ケルト幻想作品集』で読みました。

     現代ファンタジーのようなエンタメ性は無いので、人によっては面白くないと思いますが、スコティッシュ・ケルトの宗教観が伝わってきます。
     松村みね子氏の訳は、古風で読み辛いですが、現代的な訳では良さは伝わらないでしょうね。文章表現はとてつもなく美しい。フィオナ・マクラウド氏の残酷だが妖艶なスコティッシュ・ケルトと、松村みね子氏の大正の幽玄な日本語訳が渾然一体となった世界に連れて行かれそうです。

     クウフリンは何て美しいのでしょう。荻原規子氏が解説で書かれていましたが、女王スカァアの海賊に対する仕打ちはとても残酷で、クウフリンのあまりの美しさとの落差に愕然とします。恐ろしくも美しい話です。

全2件中 1 - 2件を表示

フィオナ・マクラウドの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

女王スカァアの笑いを本棚に登録しているひと

ツイートする