崖っぷちの男 [DVD]

監督 : アスガー・レス 
出演 : サム・ワーシントン  エリザベス・バンクス  ジェイミー・ベル  アンソニー・マッキー  エド・バーンズ 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2013年1月22日発売)
3.29
  • (17)
  • (78)
  • (124)
  • (21)
  • (9)
本棚登録 : 403
レビュー : 102
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241914071

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公の弟とその彼女がかなり良かったです。
    ちょっと分かりにくい所もありましたが、テンポ良く進むしハラハラもするし一気に最後まで見れました。

  • 飛び降り自殺をほのめかせながら交渉役の警官と上質なコミュニケーションを図る、というのは『交渉人』で既に終わってる。

    かと言って新しいテーマがあるかというと全くない。サミュエルL・ジャクソンとケビン・スペイシーの掛け合いの足元にも及ばない。パロディー映画の方がまだまし。何が衝撃のラストじゃ、しょうもない。

  • ご都合主義の見本のような雑なストーリーで、ツッコミどころ満載なのだが、それを気にさせるヒマを与えないスピード感が成功。見終えるとスカッと爽快。しかし、名優エド・ハリス演じる富豪は頭悪すぎてかわいそう。

    よく考えると、父親の葬式に脱獄するところから、主人公の壮大な作戦は始まっていたのか。個人的には女交渉人のパートナーのオッサンが一番おいしい役だったと思う。

    ところで、この邦題。サム・ワシントン主演でコメディーか、と思わせるのは作品的に損してるのでは?

  • 交渉人を彷彿とさせる雰囲気で、結構おもしろかったし好きだった。

    けどなぜあれで無実が証明されたのかが不明。
    証明するには、それが彼の手の届くことのない場所に存在していたことを第三者に確認してもらわなければならないのでは?
    彼の手にあったらまったく意味がないと思います。

  • よく出来た映画だった。
    今にも飛び降りようとする男が、
    ホテルの窓枠ギリギリに立ち続けるという、
    極端に演出方法が限られ、
    作り手としての技量を最大限問われる状況で、
    緊張感を終始演出仕切るという監督に拍手。

    全体的なストーリーもよく練られていて、
    最後まで飽きさせず、観客に展開を予想させない。
    ただ、やっぱり終盤は息切れしてしまって、
    クライマックスでいきなりハリウッド的あり得ない
    アクションかましてハッピーエンドみたいなノリを
    見せつけられてしまったので★一個減点。

    でも面白かったです。

  • いかにもハリウッドという感じの娯楽作。見ていて「うーん、これはご都合主義じゃないの?」というあたりも、けっこうちゃんと説明されていて悪くないと思いました。役者達もひじょうに魅力的で痛快な一作となっております。私としては「ダメな弟」役のジェイミー・ベル(「ディア・ウェンディ」の主役!)がお薦めですかね。もちろん悪役のエド・ハリスはいつもながらの安定した悪党ぶりでしたw

  • 内容についての情報はなるべく知らない状態での観賞をおすすめします!
    タイトルと箱裏の情報のみでレンタル、何が起きるのか全く知らずに見た所かなり面白かったです。冒頭からは想像つかない爽やかなEDも面白い所。是非頭を空っぽにして、ドキドキしながら見ていただきたい。

  • 面白かった♪
    何も考えずに観るにゎ最適。
    展開が早くて、ラストもみんな幸せで
    こんな映画ゎ必要だと思います。

  • よくも悪くもアメリカの映画。
    テンポがいいので最後まであっと言うまだった。

  • サスペンス色は見事でハラハラドキドキ感は最後まで続く。

    ただ肝心なネタバレの説明がイマイチはっきりせず、残尿感が残る。
    ニックがどうやってハメられたかや、金持ちが詐欺で捕まるシーンなども見せて判り易く描いて欲しかった。

全102件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

崖っぷちの男 [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする