つばさよつばさ 浅田次郎エッセイ集 (小学館文庫) [Kindle]

著者 :
  • 小学館
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (240ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日航機内誌の連載エッセイ。所与の目的通り、旅に誘う文章の数々。旅の目的は自己を喪失するためであって、逆に自己認識を目的としてしまうと旅をつまらなくする、と。確かに大人になるほど、そこをはき違えてしまうように思う。今年も無邪気な旅をしたいな。

  • 毎週のようにJALに乗っていた頃、月が変わって機内誌が新しくなると、まず最初に浅田さんの連載を読んでいた。一月くらい飛行機に乗る機会がなくて一回分を読むことができなかった時なんて、真剣に定期購読を考えていたっけ。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

浅田 次郎(あさだ じろう)
1951年、東京都出身。
1995年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、1997年『鉄道員』で直木三十五賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、2006年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞と司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で吉川英治文学賞を、2010年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、2016年『帰郷』で第43回大佛次郎賞それぞれ受賞。2015年には紫綬褒章も授与されている。
2018年現在、日本ペンクラブ会長、直木賞、柴田錬三郎賞、山本周五郎賞の選考委員を務める。

つばさよつばさ 浅田次郎エッセイ集 (小学館文庫)のその他の作品

浅田次郎の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする