砂時計(1) (フラワーコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 小学館
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (175ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人間生きてりゃいろんなことあるし、辛いことも楽しいこともフィフティフィフティで、夢や希望を持って、生まれ故郷を出て行った人間が、仕方なく帰ってくることほどやるせなくて情けないことはないだろう。ただ、それは本人の問題として、子どもを道連れにするのはいかがなものかと。弱いのは皆一緒で、弱さにかこつけて、子どもに寄りかかるのは筋が違うだろう。は、さておき「いろんな人に出会えるし、価値観も多様化してて自由で可能性に満ちた街」大人の受け売りだけどね。と語る杏がいじらしい。「しゃんとせえ!!」おばあちゃんのカツはごもっともで、だけど、それすらも受け止められないほど弱ってたとはつゆ知らず。「大事にしとったもんを壊すな。大事に想っとった気持ちを消そうとすんな」大悟はアホの子仕様ではあるが、中々するどいことをいいよる。

  • 昔、中学生のときに流行って、「なんだかツラたんな話だった気がする」って記憶だけ持ってた。いま読んだら、今のとこ大丈夫。同じ時期に「僕らがいた」とかも出てた気がする。そっちのほうがエグイ。

  • 砂時計を縦糸に少女の成長を描く
    14.11.11 新規up

    全10巻 完結

全3件中 1 - 3件を表示

砂時計(1) (フラワーコミックス)のその他の作品

芦原妃名子の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする