99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ [Kindle]

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.25
  • (1)
  • (5)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (208ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本を書いたのは一般のサラリーマンだった。 部下へのアドバイスを纏めたものが本になった。

  • ちょっとした工夫が積み重なって他人と差がつくのかもしれない。
    すべてはできないけど、できるものから試しにしてみようかな。

  • ビジネスにあたって円滑にコミュニケーション、仕事を進めるための一工夫が書いてある本。参考になった

  • 会議は開催に意味があるのではなく、その後に取られる行動に意義がある。

    -----

    とりあえず、ではなく、まずと言ってみる。

    -----


    エグゼクティブには、
    3分で、
    趣旨を伝える
    選択肢を伝える
    判断のポイントを伝える
    結論を伝える
    確認とアクションの確認をする

  • 電子書籍で買ったら「付録」でついてきた本。
    まあ従来のビジネス書と大差ない内容だけど、中身はなかなかに充実しているように思うなあ。

  • 1項目が2ページ程度なので読みやすく、1時間ほどで読了。
    中身はビジネス系の本には大抵書いてある内容がほとんどでした。
    社会人としての基本を復習するのに良さそうです。

  • ・5W1Hの質問もYes/Noで答える質問も、聞かれたことに最初に答えるのがルール。
    ・仕事がデキる人というのは、常に早め早めに動く人。
    ・仕事は信用が全て
    ・相手が使う言葉を自分のものにするだけで、コミュニケーションは飛躍的に向上する。
    ・ホウレンソウは、投入する時間帯効果の意味でも、メールは最終手段です。
    ・我々が会議を招集するとき、常に心がけているのが、1/8の法則です。
    ・目的とゴールが事前に参加者に共有されていない会議は開くべきではない。
    ・会議においては、その日の趣旨がブレストなのかエバリュエーションなのかを、事前にはっきりさせておくことが重要。
    ・会議室に入ったら、第一に、自分が座る席を戦略的に考えること。
    ・要するに何が言いたいか、を冒頭で述べること。
    ・聞き手側が会議をコントロールする。
    ・会議では、議事録そのもののできは問題ではなく、次の行動に如何に繋げたかが重要
    ・学ぶの語源は「まねぶ(真似ぶ)」。
    ・ビジネス文章に冗長さは禁物。
    ・報告書の冒頭に「3点でまとめた要点」をつけること
    ・名前を呼ぶことによる絶大的な効果
    ・日常的なコミュニケーションが、新しい仕事、新しいチャンスを生むキッカケとなる。
    ・毎日何気なく使っている言葉は、実は自分の行動を限定したり、相手に与える印象を左右したりするもの
    ・日頃よく使う言葉を、ネガティブワードから、ポジティブワードに置き換える癖を付ける
    ・本気同士でぶつかり合えば、議論は必ず前に進み、さらに高いレベルで本物の輪を作ります。
    ・すぐやる、は自分の時間の飛躍的な有効活用
    ・圧倒的なスピードは、人に感動をもって自分を印象づける。
    ・プロフェッショナルは「依頼」や「期待」に対して、最高のパフォーマンスで答えるもの
    ・自分の価値観だけで「常識」と決め、その基準を相手に当てはめないこと。
    ・各自が気持よく自身の特性を活かす仕事をし、それぞれの形でチームに貢献しているときこそが、チームのパフォーマンスが最高になるとき
    ・リーダーがチームを細かく管理しすぎると、チームはうまく回らない
    ・褒める時、感謝するときは、できるだけ具体的に伝えるべき
    ・「あいつは使えない」という表現は、「あの人は約にたたない」という意味ではなく、「私にはあの人を使う能力がない」という意味。「あいつ」と指さした手のうち、3本は自分に向かている。
    ・失敗はリーダーの責任と考える
    ・何かをはじめるのに、遅すぎるということは何もない。
    ・考え方/感じ方にも人それぞれの癖がある。
    ・何か新しいことをはじめるには、できるだけ負担のない簡単なことからはじめること
    ・結果を出している組織や人というのは、教科書に書いてあることを実践している。基本に忠実である。
    ・はじめからあきらめるのではなく、結果的にダメになるまでは挑戦をし続けるべきである。

  • いわゆるハウツー物で、目新しいものはなかったけど、仕事が忙しくて大変だと思う人や、時間がないと思っている人は役に立つのでは?

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

1973年岐阜県生まれ。日本アイ・ビー・エム株式会社グローバル・ビジネス・サービス事業保険第一サービス事業部担当部長。1997年東京大学文学部卒業。同水泳部主将。大手広告代理店、外資系コンサルティング会社等を経て、2002年より現職。コンサルティングサービス、人事部門、専務補佐、若手育成部門リーダーをはじめ、大企業グループなど複数社の人事制度改革リーダーや、巨大プロジェクトのプロジェクトオフィスリーダーといった豊富な経験を通じて、企業の組織行動変革やコミュニケーション改革、人材育成等を推進。著書に、2013年ビジネス書大賞書店賞受賞、第4回オーディオブックアワード審査員特別賞を受賞した『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツのその他の作品

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ 単行本(ソフトカバー) 99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ 河野英太郎

河野英太郎の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする