光圀伝 電子特別版 (上) (角川書店単行本) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / 角川書店
4.00
  • (24)
  • (43)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :204
  • レビュー :26
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (242ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 光圀というと、どうしても水戸黄門の姿が思い浮かんでしまうがこの本の光圀は違う。まだ幼く、人間臭い少年時代の光圀の姿。
    兄との葛藤や宮本武蔵や沢庵との出会い、そして林読講との論戦――。

    水戸家の世継ぎとなり、「何故自分なのか?」という迷いの中、自分の生き方を探す姿を魅力的に描く。

  • 冲方丁による水戸黄門でおなじみの水戸徳川家・光圀を描いた歴史もの。
    幼少の頃、父が斬首した男の首を取って来させるというシーンから物語は幕を開ける。その後光國は兄を差し置いて世継ぎとなったことで長らく「なぜ自分なのか」という疑問を持ちながら過ごすことになる。
    ここで描かれる光圀像はドラマ水戸黄門で描かれたような好々爺ではなく、どちらかというと荒くれ者で無骨なイメージだ。史実でも若い頃はいわゆる不良であったそうだが、全くそういう印象を持っていなかったので度肝を抜かれる。
    ただ、確かに戦国の世が終わって20年やそこらのため、それを引きずっている人たちが多かったのも確かだろう。本書で強烈な印象を残したのは剣豪宮本武蔵で、はめられたとはいえなんの罪もない人を殺そうとしていた光圀の前に現れて止めを刺す。この武蔵もまた泰平の世からはみ出していた。
    儒家の林読耕斎、冷泉家の為景などとの交流を通して文事にも磨きをかけていく。こうした交友範囲の広さも水戸黄門のイメージにはなかったので、驚きを持ちながら読んだ。

  • 【きっかけ・目的】
    村上元三の水戸光圀を読んでいたのでこの著者の光圀はとても気になった。

    きっと漫遊記のような黄門さまではないなと思った。
    【感想】
    20歳までの思春期の光圀が描かれている。父、頼房の理不尽なまでの教育や兄、頼重に対する鬱屈など生き生きと生々しく描写されている。


    自分なりの義を見出すまでの光圀の傾奇さまがなんとも凄まじくすごかった。

    【終わりに】
    まだ、上巻だ。これからが楽しみな展開だ。

  • 水戸藩主、徳川光圀についての長編。上中下の上巻、20歳まで。徳川光圀って黄門様のことだ、くらいしか認識してなかったけど家康の孫だったんね。御三家の成り立ちとかちゃんと分かってなかったし色々面白い。

  • 感想は全部読み終えてから。

  • 格好良い。その一言に尽きる。
    胸が熱くなる素晴らしい作品。

  • 感想を放置し過ぎて忘れたシリーズ

     上巻が一番面白かった。

  • この小説は実話に基いているんですかね

    有名な水戸の黄門様の若かりし頃から晩年までの物語ぽい
    テレビのイメージと違う豪胆な人だったようです
    確かに噂は良く聞きますね
    ラーメンを初めて食べたとか

    この小説で一番表現したいところは、天下の副将軍とも言われた黄門様の、その立場に置かれた者しか分からない葛藤の部分ではないかと思われる
    ※上巻のみ読了状態の為、想像を含む内容

  • 光圀の兄については全く知らなかったので、生涯に渡る光圀の義を求める姿勢に決定的な影響を与えることになる存在であったことなど、新鮮。

  • TVで見る黄門様とは全然違うけれど、こういう人だったと聞いたことはあったので、面白く読めた。けれど、学論は難しかった。。。兄・頼重との話が好きだな。

全26件中 1 - 10件を表示

冲方丁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

光圀伝 電子特別版 (上) (角川書店単行本)に関連する談話室の質問

光圀伝 電子特別版 (上) (角川書店単行本)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

光圀伝 電子特別版 (上) (角川書店単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする