たいようのいえ(1) (デザートコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.90
  • (7)
  • (5)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (168ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 電子書籍無料にて。少女マンガの稚拙な恋愛モノにはウンザリだが、夫が絶賛するので読んでみたら感動で涙が止まらなかったというレビューを見て、とりあえず無料の3巻までDL。確かによく描かれていると思う。居場所のない真魚と、それを理解する基。こんな出来た男いる訳ないよとは思うけど、さほど不自然さは感じない。でも、真魚の居場所がなくなる理由をもう少し丁寧に描いて欲しい気がする。特に両親の酷さが安易に描かれすぎている感あり。続きを買ってまで読むかは微妙。

  • みんな可愛すぎかよ

  • 〜3巻まで

  • Kindle無料版にて。
    結構面白いと思う。
    今のところは。
    自分の家に居場所のない高校生と、自分の家を守ろうとしている社会人のお兄ちゃん。
    幼なじみ同士が兄弟のように親子のように家族のように暮らしていく。
    と、今のところはかなり好き。
    ですがコレがもし恋愛に発展してしまうとなると、正直気持ち悪いんですよねえ。
    それを考えると恐ろしくて続きが読めません。
    だってほら、あんなに良かった「うさぎドロップ」があるじゃないですか。
    アレもスゲーいい話だったのに最後で吐き気がするほどに台無しになったもんなあ・・・

  • 面白かった。

  • 最高か?

  • 無表情系ヒロインの淡々としたお話かと思いきや、話が進むごとにどんどん可愛く、積極的になっていく主人公…(*´з`)個人的にあんまり好みじゃない年上男性との恋愛話ですが、年上だけど、なんとなく不器用な感じがツボ。シリアスな家族話パートもありながら、主人公の前向きさのおかげで最終的にはほっこりできる作品。私は弟君推し…(*‘∀‘)

  • 学園/恋愛
    15.07.08 13巻up←これで完結!

    全13巻 完結

  • 不器用なまぎょがつぼった。天邪鬼なんだけど、そうならざるをえない生い立ちで。だけど、素でそうなっちゃってて。基じゃないけど。目が離せない。

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

漫画家。ペンネームは子どものときのあだ名から。
2001年『デラックス別冊少女コミック』10月号の「てのひらをかさねて」でデビュー。
代表作は「たいようのいえ」で、2014年に講談社漫画賞少女部門を受賞した。ほか、『アシさん』『アオハル』など。

たいようのいえ(1) (デザートコミックス)のその他の作品

タアモの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする