帝国ホテル 厨房物語 私の履歴書 (日経ビジネス人文庫) [Kindle]

著者 :
  • 日経BP
4.00
  • (5)
  • (9)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (241ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 若い料理人に与える言葉は何か、とよく聞かれるが、私は何よりもまず、「欲を持て」と言うことにしている。そして、もう一つの助言は、「急ぐな」である。流行に追われ、先を走りたがる若いコックが多いが、最も大事なのは基本だ。基本に尽きる。それをおろそかにして、目先の流行ばかりを追いかけていると、必ず中途半端になって、お客様に飽きられる。焦らず、慌てず、じっくりと一生懸命に勉強することだ。そして、現場を踏み、経験を重ねながら、お客様が喜ぶ料理を絶えず考え続け、工夫することが大切だ

  • 帝国ホテルの総料理長だった村上氏の日経新聞の私の履歴書をもとにした内容。フランス料理を極めたシェフの話。

  • 2017/09/28

  • フランス料理の伝道師として帝国ホテルで26年間料理長を務めた伝説的シェフの自伝。料理に夢中になる人ってこんなことを考えてるんだなと新しい世界が開けた感じがした。いつの時代も、どこにいても、人の縁が自分を引き上げてくれるのだなってことも。

  • 一流になっている人は、やはり信念を持って努力をしていますね。

  • 丸の内警察の柔道場で木村政彦や牛島辰熊に混じって練習していたというのに驚き。

  • 帝国ホテルの料理長として、またNHK「きょうの料理」の講師として、日本にフランス料理を広めた第一人者、村上信夫の自伝。戦前の帝国ホテルの雰囲気、戦下の日本、中国での戦闘、シベリア抑留、GHQ 支配下の帝国ホテルの描写などは、まさにそこに居たものにしか書き得ない記述が真に迫る。そして、帝国ホテルの料理長としてシェフの高みを極める一方で、経営者としても、またフランス料理の伝道師としても成功をおさめる立志伝は圧巻の一言。料理を何よりも愛しつつ、与えられた役割は全てチャンスと思ってチャレンジする著者の旺盛な好奇心と情熱は、確かに日本の高度経済成長を支えた何ものかの一部であった。

    齢80を越えてもなお「自分の店を持ちたい。30人くらいで満席になるような小さな店で、肉と魚を濃厚なソースで、ワインは安いものも揃えて手軽に楽しんでいただけるような…」と夢を語る著者は、本当に楽しそうだ。残念ながら自分の店を開くという夢は果たせずに目をつむることになったが、まさに「人生はフルコース」であった。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

放送作家。

「2008年 『企業不祥事が止まらない理由』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上信夫の作品

ツイートする
×