カササギたちの四季(秋・冬編) [Kindle]

著者 :
  • 光文社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (106ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 春夏編の方が面白かった。

    それでも、続編があれば読みたい。

  • 道尾秀介による日常ミステリ後編。
    秋編、冬編に共通しているのは「家族の再生」というテーマ。秋編は奈美がどうして「しんぶんし」のような名前になったのか、華沙々木を名探偵だと思わせておく必要があるのか、といったことの謎が明かされる。冬編ではあの強欲和尚が物語の中心となる。
    いずれも親が子を思う愛情、子が親を慕う愛情が綴られ、そのすれ違いによって関係がぎくしゃくしてしまうこともあるが、お互いがお互いを大切に思っていることに違いはないのだという、道尾秀介なりの人間賛歌というか、家族愛とはステキなものなのだというメッセージが込められているように思う。
    ミステリという体裁はとっているものの、それにとらわれず、心が洗われるようなさわやかな読後感に包まれる秀作である。

全2件中 1 - 2件を表示

道尾秀介の作品

カササギたちの四季(秋・冬編)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする