これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) [Kindle]

制作 : 鬼澤 忍 
  • 早川書房
3.78
  • (9)
  • (22)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 228
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (475ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013年初ログは、「正義」をテーマにした本である。

    Kindle本セールだったので購入した。
    「正義」とあるが、「哲学」の本である。
    「哲学」と聞くと、うぇ〜となるかもしれないが、誰かを助けるために何かを犠牲にしていいのか、何を求め何を拠り所とするのかを、事例を踏まえながら提示していくので、思考停止に陥るほど難解ではない。

    本書では「正義」について3つの考えを述べている。
    1つ、正義は功利性や福利を最大限にすること
    2つ、正義は選択の自由の尊重を意味する
    3つ、正義には美徳を涵養することと共通善について判断すること

    それぞれが示す考えの根拠と事例を踏まえ、筆者が考える「正義」を示す。

    米国大統領選挙で争点となることが多い、中絶問題、同性婚問題、税および富の再配分についても示唆を与えてくれており、よく理解できた。

    結局、現代は多元的社会であり全人民が一致できる最善の生き方なんてないことと理解できる。
    だからといってあきらめない。
    最善の生き方、ミクロでいうと最善の日々の行いや判断を目指すことを諦めない。
    本書は物の見方を振り返ることができ、自分なりの哲学を考える一助となった。

    ん〜でもまだまだ消化不良でもあるのでもう一度読み返さないといけない。
    そんなとき、Kindle本、電子書籍はいい。

    2013年仕事始めは明日から!

  • サブタイトルに書かれている通りの哲学書です。しかも、近代哲学から現在哲学のハイブリッドなのできわめて難解で、よくわかりません。

  • 解ったような?わからないような?どちらが正しいのか?議論のための議論のようで私には、「哲学」は難解すぎる。

  • 構成として秀逸だと感じたのは、本書で取り上げるところの「正義」を議論するにあたり必ずしも歴史上の流れに合わせて解説をするのではなく、歴史上では行ったり来たりしても、議論の流れにあわせて過去の学説を説明しているところである。高校の倫理の時間では、"偉人と各人が説く哲学"を勉強する感じだったので、どうしても流れがわかりづらかったのだが、本書のような構成であれば少なくとも一つのテーマ(本書の場合は「正義」)について、流れや複数の考え方を理解しながら読み進めることが出来る。
    また、著者であるサンデル教授が支持する考え方(論理)が明示されるのがかなり後半になってからというのも非常によいところだ。こういった曖昧な「正義」を講義するに当たって、最初に自分の考え方を明示してしまうと、どうしても議論がYes/Noで二分されてしまうことになりかねない。そういうことを避けるためにも、あるいは読者(学生)に対して様々な視点を提供するという意味においても、自分の考え方を最初に声高に主張しないというのは、非常に理性的かつ理知的な態度であると感じた。


    本書を読みながら自分の信じる「正義」を考えてみると、「何が正義であるのか」ということは、どれほど理論的に精緻に積み上げて行ったとしても、個人的なコンテクストなしに判断することはできないように感じた。おそらく自動運転やAIなどがこれから起こすであろう社会的摩擦も、結局のところその問題が発生する社会的な文脈なしで正義を決めることなどできないのではないだろうか。技術は持ち込むことはできても、受容する社会は自分たちで作らねばならないのだ。


    一点、翻訳についてやや読みづらいところがあったのが残念。これは翻訳者の責任ではなく、この長大な内容、かつ参考資料が非常に多岐にわたる内容を過不足なく訳してあると思ったのだけど、翻訳物の弱みで日本語で似たような意味の差が取りづらいところがあった。具体的には後半の議論で「正義」と「正しさ」が並列出てくるところがあり、そこで意味が取りづらくなってしまった。原文にあたってないので、おそらく「正義」はJustice、で「正しさ」はcorrectness なのではないかと想像しているのだが、この部分に最初だけでも英単語を当ててくれれば、もっと読みやすくなったと思う。

  • 「能力の高い者は、能力の劣る者にくらべれば、幸福になるためにより多くのものを必要とするし、そのためには、より大きな苦しみを甘受する場合も多くなる。」

    多くの哲学的考えについて、著者のコミュニスト的批判が加えられた本。哲学的思考の有名どころ、たとえば、功利主義、正義論、について広く学習することができる。

    カントによれば、人間性は究極目的であり、それは意志により達成する事ができる。つまり、なんらかの目的を達成するための道具であるはずの肉体、精神、意志の適切な利用こそが、生きることの究極目的であるとする。

    ロールズによれば、才能や努力はそれが属する人だけのものではなく、公共のものである。つまり、誰かの成功によってもたらされる経済は、公共の財産であるべきだとする。無知のヴェールによる出発点の均等化はいいにしても、結果の平等すら求めるのは共産主義的考えに通じるのではないか。

    マーシャルによれば、同性婚を認めるかどうかには結婚の目的が大切である。結婚は生殖が目的であるのか、愛情の独占であるのか。各国によって”結婚制度”が作られた背景は違うので、同性婚が認められるべきか否かは、その制度設立時の意図に従うべきである。同性婚を認める場合には、制度設立の意図を変えざるを得ないが、時代とともにそれが行われてもよいと考える。

  • 「アリストテレスは死んでいない」、この言葉をたまたまテレビで聞いて哲学へと導かれた。最新の情報機器に触れる内、新しいことは良いことだと信奉していたようだ。しかしそれは善い生とはどういことはを示してはくれない。古代からのテーマは今なお生きている。それに気づいた今、時代を超えて先人に学んでいきたいと思う。

  • 見た目に比べてかなり中身はハード。

  • 相手が殺すことに同意している場合の殺人は非難できるか、ジョーダンが高額を稼ぐことの是非、格差是正措置としての入学基準補正の問題はどこか、同族や共同体に対する優遇はどこまで許されるかなど。とにかく考える題材になる。

  • いろんな虐殺について触れている場面で、アメリカ人のインディアンの虐殺に触れていなかったのが、アメリカ人らしかった。

    内容は、難しかった。

    人の考えをいろいろ聞いてみたくなった。

    電子書籍だから、ふとした折に読み返そうと思う。

  • 正義についての様々な視点が紹介されていて、ベンサム、ミル、リバタリアン、カント、ロールズの言説についての説明が分かりやすく有難い。
    最後に登場するアリストテレスとコミュニタリアンについての話が理解しづらいのは、 「善き生」と「共通善」の概念が掴みにくいせいだと思う。
    今どきの大学生は本書を読んで何を思うか、一度聞いてみたい。

全15件中 1 - 10件を表示

これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)のその他の作品

マイケル・サンデルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ジャレド・ダイア...
ウォルター・アイ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする