ぱいかじ南海作戦 DVD

監督 : 細川徹 
出演 : 阿部サダヲ  永山絢斗  貫地谷しほり  佐々木希  ピエール瀧 
  • キングレコード (2013年1月22日発売)
3.16
  • (5)
  • (33)
  • (56)
  • (15)
  • (5)
本棚登録 : 206
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988003816728

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 楽しい作品。
    悪人が居るようで居ない。
    何回も笑わされた。
    何か幸せになる。

  • 不思議。このゆるい感じで「なんとかなるさ」と思っちゃう。エンディングはあれだけど。西表島には行きたーい!と思う。

  • 平和〜

    原作椎名誠なんですね。

  • リストラ&離婚された男が、西表に現実逃避をしに行って、とあるビーチで騙され荷物を全部取られてしまう。途方に暮れていたところ、新たにそのビーチを訪れた男1人と女2人を騙そうとするが、仲間意識が芽生え、騙すのも断念。仲良く島での野宿生活を始める。後半は、ドタバタ劇で最後は海に出る?みたいな。おもしろくなかったです。

  • 椎名誠原作の南の島でのサバイバルもの。
    設定はいいんだけど、各キャラを際立たせたかったのか、キャラ頼りで話しが中途半端。何となくどたばたしているうちにサバイバルできちゃったみたいな映画(これは狙い通り?)
    阿部サダヲがやっぱり阿部サダヲだからなのか、椎名誠っぽさがもう少し欲しかった。

  • 食料が豊富にあると、人はおおらかになるのだと思いました。

    これも原作を読まずに映画を観ました。

    ストーリが明快であるため思考は発展しませんが、時間つぶしには良いと思いました。

  • これも子どもをあやしながらの「ながら見」。

    リストラされ、離婚され。
    散々な男が南の島で荷物丸ごと持ってかれ、
    サバイバル生活をしていく話だと思ったが。
    合ってるかな?

    まず1番びっくりしたのが
    永山絢斗が瑛太の弟だということだ。←そこから
    声が瑛太に似てんな〜と思ってたけど
    まさか瑛太の弟だと思わなかった!
    あと、貫地谷しほりはすぐわかったけど、
    佐々木希は佐々木希だとわからなかった!
    なにこのかわいー子。と思ってしばらく見てたら
    「あら!佐々木希だったの!」と言う。

    阿部サダヲは安定の阿部サダヲ。
    安定のドタバタ感。
    木更津キャッツアイの猫田の印象が超強いから、
    猫田さんのフィルターを通して見ちゃう。
    が、おもしろい。

    島々がキレイ!
    ラストのエンドロールでわかったけど、
    竹富島だったのかな??
    ついこないだ行ったけど、何処だったんだろう〜?
    と思いを馳せながらエンドロールを見た。
    やはりステキな場所だなぁ。

    終わり方はイマイチだったけど、
    なんかハッピーな感じでまあいいんじゃない。

  • 南の島行きたーい

  • 結局・・・

  • リストラ、離婚。
    落ち込まないように沖縄でリフレッシュ!

    ドタバタしているだけ。
    ギャグが自分には合わなかったようだ。

    阿部サダヲさん好きなんだけど・・・

全46件中 1 - 10件を表示

プロフィール

映画監督、脚本家、演出家。2012年には映画『ぱいかじ南海作戦』を初監督。自身の主宰する「男子はだまってなさいよ!」をはじめ、シティボーイズのライブの脚本・演出、アニメ『しろくまカフェ』シリーズ構成などで幅広く活躍中。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする