荒川アンダー ザ ブリッジ 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) [Kindle]

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.69
  • (9)
  • (10)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 166
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (180ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これ当時初めて読んだときの心のくすぐり方えぐかった、それからずっと、すき

  • 前半は濃すぎるキャラの掛け合いやリクの考え方が柔軟なっていく過程がおもしろかった。後半はSF要素が強くなって置いてけぼりになってしまった。個人的にはもう少し短くまとまっても良かったと思った。

  • Kindle期間限定無料版にて。
    コレはだいぶ昔に読んでるのよね。
    紙の本で。
    3巻くらいまでは読んだっけかな。
    まあとにかくメチャクチャ。
    笑うしかない。
    なのだが、なんというか狙いすぎというか笑わせようとしすぎというか、シュールを装っているというか・・・
    なんかあざといんだよなあ。
    そこがどうにもね。
    それでたぶん数巻で読むのをやめたんだと思う。
    でも笑うよ。
    笑うしかないもの。
    力技でねじ伏せられた感が癪に障るんだけどね。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1984年4月21日生まれ、静岡県出身。血液型O型。2001年「月刊ガンガンWING」から『海里の陶』でデビュー。そして02年、デビュー作を含めたコメディ短編集『中村工房』が発売される。
06年からは『聖☆おにいさん』をモーニング増刊「モーニングtwo」で連載、新たなジャンルを拓く。「週刊ヤングジャンプ」にて『ブラックナイトパレード』連載中。他の代表作に『荒川アンダー ザ ブリッジ』など。


「2021年 『聖☆おにいさん(19)限定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村光の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×