路地恋花(1) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.71
  • (4)
  • (10)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 121
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (190ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『「描かれているんが愛でも憎でも混沌でも寂寥でも、お客さんが求めてはるんはそこにあるティースプーン一杯の狂気」』
    恋愛漫画ではあるものの、登場人物は職人や芸術家の卵が集う長屋の住人たち、つまり、かつかつでやっている本屋(装丁屋)やらアクセサリー屋やら売れない画家やらで、彼ら彼女らの仕事の描写も楽しいです。あと、オムニバス形式で一話ごとに主人公が代わるのですが、毎話、脇役として顔を出した人が次の話では主人公になるという演出が面白かったです。
    上の抜粋は画家の話から。

  • 麻美さんの、キャンドルがエコなのかというくだりはなるほどと思ってよんだ。それぞれの職人のマメ知識が盛り込まれていて、かつ1話1話の読み切りで読みやすかった。まあ、内容は、いわゆる少女マンガ的な演出だなーと。タツミアツロウはちょっときゅんとしたけどな!

  • なんとなくほっこり

  • 長屋の住人がみんなクリエイターで、とても個性的。
    オッサン好きとしては、やっぱり夏菊が良いです。
    また京都に行きたくなった〜。

  • 手の届くところに、大切な人はいる。

  • -

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

9月23日生まれ。A型。熊本県出身。
1991年に「LaLa DX」(白泉社)でデビュー。
代表作に『海月と私』『路地恋花』(講談社)、『そこをなんとか』(白泉社)など。

「2019年 『小路花唄(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

麻生みことの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×