【初回生産限定スペシャル・パッケージ】セブン [Blu-ray]

監督 : デビッド・フィンチャー 
出演 : ブラッド・ピット  モーガン・フリーマン  グウィネス・パルトロウ  ケビン・スペイシー 
制作 : ダリウス・コンジ  アーノルド・コペルソン  フィリス・カーライル  アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2012年12月19日発売)
4.16
  • (11)
  • (15)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :85
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135971784

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブラッドピットとモーガンフリーマンの名演技。最後のシーンは予想を裏切られた。面白かった。

  • 何度も見たが定期的に見たくなる作品。スリラーやミステリー系では唯一。

  • フィンチャー独特の色味がやっぱいい。ブラピとモーガン・フリーマンとケヴィン・スペイシーの車内は豪華すぎてなんとも。

  • キリスト教の七つの大罪をモチーフにした連続殺人事件と、その事件を追う刑事たちの姿を描いた作品。『GLUTTONY=大食』『GREED=強欲』『SLOTH=怠惰』『LUST=肉欲』『PRIDE=高慢』『ENVY=嫉妬』『WRATH=憤怒』の七つの大罪を犯した者を犯人が殺害していく話。どの要素も決して人間の中のよい要素とはいえず、人間の悪い側面を類型化して垣間見ることが出来た気がした。そして、『ENVY=嫉妬』『WRATH=憤怒』の最後の二つの要素があのような結末で導かれるとは。あまりに緻密に構成されており、唸らされる作品です。

  • 2011 3

    震災直後、余儀なく在宅ワーク中に大量に借りた映画の中の一枚。
    「七つの大罪=憤怒・嫉妬・高慢・肉欲・怠惰・強欲・大食」に基づいた連続殺人

  • なんでバイト行く前に見たんだろう

  • 最後まで気が抜けない映画。すべてが面白い!陰鬱な映像美で絶望、恐怖、苦痛が痛いほど伝わる。
    何度見ても楽しめる!

  • 殺人事件をブラッドピットとモーガンフリーマンが追う話。

    残りの2人は奥さんと犯人だったってことか。←思いっきりネタばれ

    内容はありきたりな感じだった。

    ストーリー
    退職間近なベテラン刑事サマセットが、血気盛んな新人刑事ミルズとコンビを組む。その2人の前に起こったのがキリスト教の「7つの大罪」に基づく連続猟奇殺人事件だった。そして犯人の魔の手が刑事へも…。
    7つの大罪とは、憤怒・嫉妬・高慢・肉欲・怠慢・強欲・大食。肥満した男が食べ物につっぷして死に、弁護士は高級オフィスビルで殺害される。監督はこの作品で「密閉感あるスリラー」の名手と定評を得たデビッド・フィンチャー。モーガン・フリーマンが老刑事、ブラッド・ピットが若手刑事を演じる。そしてピットの妻にブレイク前のグウィネス・パルトロウが演じている。

  • 面白いけど後味最悪!

  • 駆け引きが面白い。

    衝動に負ける若さか
    冷静さが必要だったか
    仕方ない結末だと思う

    七つの大罪がテーマのものは楽しい

全13件中 1 - 10件を表示

【初回生産限定スペシャル・パッケージ】セブン [Blu-ray]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする