桜流し

制作 : 宇多田ヒカル 
  • EMI MUSIC JAPAN INC. (2012年11月16日発売)
4.76
  • (13)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・音楽

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エヴァの映画は・・でしたが、このエンディングテーマはとても好きでした。改めて聴いてもイイ。

  • 久々に出した宇多田ヒカルのシングルCD。何度も聴いてそのメロディと歌詞の切なさに泣きました・・・

  • 宇多田ヒカルのバラードって、なみだでる

  • 亡くなった愛する人に伝えられなかった想いがあることを歌った詩かなと思いました。

    自分自身、身内に不幸があったばかりだったので、
    この詩の通り、もっと色々なことを伝えておけば良かったと心に刺さりました。

  • 映像喚起力が半端ない。彼女の曲でこんなに興奮したのは『Passion』以来。

  • ヱヴァンゲリヲンQを観に行って、EDテーマとして初聴。

    エヴァも宇多田もどっちも好きな私。
    正直映画の中身が濃すぎて、
    EDは宇多田の新曲だけどどんな歌が流れてきても
    どんな風に自分の中に取り入れられるのかわからんぞ、と
    終わりそうなシーンのところで思ってたんだけど、
    いざ流れてきたら曲の力のまた圧倒されて、そこで初めて泣けた。
    この曲があってQははじめて映画としてまとまりを為したと思う。

    そしてエヴァを観たあと、
    DL購入して聞いたときもYoutubeでフルPVを見たときも、何度でも感動した。
    人間の本質的な愛が、歌の底に流れている。
    これからも何度でも感動すると思う。

  • 「桜流し」と聞いてまず、とても響きの綺麗な言葉だと思った。
    失った大切な人へ向けた歌詞は所々映画の内容にリンクしていて、でもそれだけではない。
    震災により沢山の犠牲を払った今の日本には、たとえエヴァンゲリオンを知らなくてもこの曲に心動かされる人は多いのではないだろうか。
    多くの言葉を交わしていたとしても、いざ失ってしまうと「まだ何も伝えてない」と感じてしまうのかもしれない。

全7件中 1 - 7件を表示

桜流しのその他の作品

1-B01LW5KJC7の詳細を見る MP3 ダウンロード 1-B01LW5KJC7
1-B01LZV6QQ8の詳細を見る MP3 ダウンロード 1-B01LZV6QQ8

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする