GUILTY

アーティスト : GLAY 
  • ポニーキャニオン (2013年1月22日発売)
4.36
  • (7)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988013291461

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 俺が学生時代から変わらぬ活動を続けるジャパニーズロックのベテランバンドの2枚同時発売アルバムのうちの1つ。2枚同時と聞くとラルクとDaizyStripperを思い出します。
    盛大なイントロから始まるアップテンポで「これぞGLAY!」と叫びたくなる#1からの突入、裏打ちハイハットのリズムに乗る哀愁メロディが美しい#5、HISASHIお得意の尖ったリフがGLAYらしいロックを表現した疾走チューンの#6、歌詞の詰め方やリズムの取り方が少しだけ青春パンクっぽい#8、3連の若干気怠い重さがそのまま歌のメッセージの重さを表したような#10、正直ここまで聴き応えがあるとは予想してませんでした。
    昔大好きでよく聞いていたけれど、最新のアルバムを聞いてもやっぱり100%GLAYである所以はどこにあるんだろう。TAKUROが作る曲とメッセージ性の強い歌詞なのか、TERUの全く変わらぬ声色なのか、HISASHIの個性の塊である独特のギターなのか、JIROの決して主張しないが土台をしっかりと支えるベースなのか。(彼のコーラス・ワークも好きだ) この全てがずっと変わらないからこそGLAYなんだなぁと思える。
    ああ、次はGUILTYだ…。

  • 同時発売の『JUSTICE』はセルフプロデュース作品だが、こちらは佐久間さんプロデュース作品。
    “安定のGLAYサウンド”で、リスナーをぐんぐんGLAYの世界に引き込んでいく。

    個人的に『My Private "Jealousy"』がかなりロックでシングルから大好きなので、アルバムに収録されたことが嬉しい。
    またG-DIRECT限定シングル『G4・?』から『everKrack』『キリノナカ』『Ruby's Blanket』も収録されていて、『everKrack』『キリノナカ』はアルバムバージョンになっている。
    これも個人的にどちらのアレンジも好き!

    ライブで盛り上がる曲はもちろん、ミディアムナンバーもしっかり入ってます。
    歌詞を読むのもかなり楽しいですよ。

    「GLAY史上最強」と謳われるだけあって、どの曲もめちゃくちゃいいです。
    『Bible』が収録されている時点で最強だよ…とか思っちゃったのはわたしだけでしょうか。。

    また震災を受け、直後にレコーディングされた『君にあえたら』も収録されています。
    言葉にして表現できないけど、迫力に圧倒されてしまう。
    いまだ震災と真っ向から向き合えず、聴くのが怖かった楽曲だったが聴けてよかった。
    相変わらず号泣しちゃいますが…。

    GLAYはまた新しい地点に立ったのね、と感じさせる作品。
    特典DVDでも語られているが、これからどんな風景を見せていくのかがとても楽しみ!
    ファンでなくても満足できる1枚だと思います。

  • 大好き!!

全3件中 1 - 3件を表示

GUILTYのその他の作品

GUILTY MP3 ダウンロード GUILTY

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

GUILTYはこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする