論語 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫) [Kindle]

著者 :
制作 : 谷口 広樹 
  • KADOKAWA
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (270ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 加地伸行さん『論語 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典』読了。
    http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00A462HPQ

    言うまでもなく、孔子は中国の偉人な思想家・哲学者です。

    私が住んでおりました蘇州では、蘇州碑刻博物館には孔子廟があり、
    孔子がまつられておりました。
    山東省の曲阜駅では、孔子の像が飾られておりました。

    中学生の頃、学校で孔子のことを勉強したことがありますが、
    今では、さっぱり忘れておりました。
    しかし、中国で孔子に少し触れたため、
    孔子に対する興味がむくむくと湧いてまいりました。

    そのような中、出会ったのが本書です。
    ビギナーズ・クラシックスとうたわれているように、
    私のような素人でも分かりやすく読むことができました。

    『論語』には、人生で大切にしなければ
    ならないことがたくさん書かれており、
    孔子の偉大さを感じました。
    『論語』は古典ですが、現代でも十分に
    通用する内容であることが分かり、驚きました。

  • 論語ってとっつきにくいイメージがあったので、
    大人が子供に語れる位に平易に解説したものをみつけて購入しました。

    知っていることわざの再確認はできたましたが、
    それ以外は私にはまだ小難しくて、今一つのめり込む要素が
    なかった。

    古典を楽しむ素質は私には・・・・です。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1936年大阪生まれ。1960年京都大学文学部卒。大阪大学名誉教授。文学博士。専攻は中国哲学史。2008年第24回正論大賞受賞。主な著書に、『沈黙の宗教――儒教』(ちくま学芸文庫)『論語 全訳注』(講談社学術文庫)『論語 ビギナーズクラシックス』(角川ソフィア文庫)『儒教とは何か』(中公新書)『マスコミ偽善者列伝』(飛鳥新社)など。『加地伸行著作集』(全三巻、研文出版)がある。

「2018年 『大人のための儒教塾』 で使われていた紹介文から引用しています。」

論語 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

加地伸行の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする