夏と花火と私の死体 (集英社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 集英社
3.67
  • (7)
  • (6)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 115
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (224ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  ある夏の日、「わたし」は殺されてしまう。その死体を隠そうと小さな殺人者たちは手を尽くすが・・・?同時に短編「優子」も収録。
     内容としては「優子」の方が個人的に好きだった。しかし、これを10代のうちに書き上げたのだから驚きである。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

乙一(おついち)
1978年福岡県生まれ。山白朝子(やましろ あさこ)、中田永一(なかた えいいち)の別名義で執筆する小説や、安達寛高(あだち ひろたか)という本名名義で脚本を記すこともある。
1996年に『夏と花火と私の死体』で、第6回集英社ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞してデビュー。
2003年『GOTH リストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞受賞。2012年、『くちびるに歌を』(中田永一名義)で第61回小学館児童出版文化賞。
代表作として、映画化もされた本屋大賞ノミネート作『くちびるに歌を』のほか、『暗いところで待ち合わせ』『きみにしか聞こえない CALLING YOU』『失はれる物語』などがある。作品の多くが漫画化、映画化された。

夏と花火と私の死体 (集英社文庫)のその他の作品

乙一の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする