トガニ 幼き瞳の告発 (オリジナル・バージョン) [DVD]

出演 : コン・ユ  チョン・ユミ  キム・ヒョンス  チョン・インソ  ペク・スンファン 
  • ポニーキャニオン (2013年3月2日発売)
4.16
  • (34)
  • (55)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 190
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013297968

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 重い...重すぎるよ。
    このど真ん中どストレートでぶつけてくる韓国映画が好きだし、他国の映画じゃ絶対味わえない。

    むろん脚色もあるけど、実話ベースってのがその重さに拍車をかける。

    もろに観客の感情を揺さぶってきてるなっていうシーンも多いけど、商業的に成功させてより多くの人たちにこの事件を知ってもらう、絶対に風化させないっていうのが映画の根底にはあるから、ひとまずエンターテイメントとして観客を映画に引き込ませるって意味でその目論見は間違っていないと思う。

    ラストの先生のセリフ「この子の名前はミンスです...」のところで改めてこの映画の根底のメッセージを観客に投げかける。反吐が出そうになる悲惨な事件に巻き込まれた子供達のことを、「忘れるなよ?」と。

    まあ面倒くさいこと抜きで、映画としてのクオリティも凄く高いと思いました。女子トイレのシーンなんてホラーですよマジで。
    社会的な意義・投げかけもあり、かつちゃんとしたエンターテイメントとして成立させている製作陣に脱帽。

    あとは、芦田愛菜ちゃんも真っ青レベルの子役の演技。凄すぎ。

  • 何とも胸が痛くなる映画でした。
    この実際に起こった事件の映画の存在を知って
    見なきゃと思いつつも
    扱っている内容の非道さにに心の準備ができずに
    見ていませんでした。

    聾唖施設で起こった校長などによる性的暴行事件。
    実話である。
    本来保護すべき大人が子供を虐待するだけでも
    腹立たしいのに、更に弱い障害をもった人に対して
    より所とする施設職員たちによる悪行。
    言語道断である。
    更に警察や裁判所の腐敗・・・
    これは地獄である。

    こんな劣悪な現状をちゃんと伝わるように
    映画として興味を維持しつつ最後まで見られるように
    作られているというところも感心した。

    価値ある一本でした。

    追記
    ミンスの最後も実話なのだろうか。
    もしそうなら実際に法が改正されようとも
    当該施設が閉鎖に追い込まれようとも
    胸に刺さった棘が抜けない気持ちです・・・

    ・・・と思ったが調べたらここはフィクションらしい。
    あぁよかった。

  • 韓国で実際にあった事件を元にした映画です。
    ろうあ施設で起きた耳の聞こえない子たちへの虐待。
    しかも校長や理事長、先生たち・・・学園ぐるみでです。
    少女だけでなく少年への性的虐待もあり見てるだけで吐き気がするような内容でした。
    日本でも似たような事件があり、それを元に聖者の行進というドラマがありましたがそれを上回る衝撃度。
    見終っても救いがなかった。
    事件が公になったとはいえあれを救いとは呼びたくない。
    モヤモヤ感の残る映画でした。

  • 現実に起こったとは思いたくないくらい、衝撃的で。
    思わず目背けたくなるシーンも、何度かありました。

    先生はそんなに偉いですか?
    先生の言う事は絶対ですか?

    彼等の背負っている物。
    彼等の身に起こった事を思った時、私は何て幸せなんだろう。とも思いました。

    誰にも打ち明けられず、耐えるだけの日々。
    障害というハンデを持っても必死に生きる彼等。
    学校という誰もが当たり前に平等に受ける事の出来る場所。
    でも、そこには未来への希望を抱く事等許されない救い様の世界がありました。
    そしてそれらを要因する人達の集まり。
    悔しくて・苦しくて・醜くて。
    同じ人間なのに、何故?どうして?何でこんな事を?と胸が苦しくなりました。

    心に傷を受けた彼等が、一日も早く前を向いて歩める事を心より願いました。

  • 児童虐待、それも性的虐待の話ですからもう見る前から不愉快な話だろうと思ってはいたのですが、ここまで腐った話だとは思いませんでしたね。しかも主人公の美術教師がもう、草食系もいいところで「君の平和主義は何なの!!」と口汚くののしりたくなるほどでした。
    でも、こういうダークな話をちゃんと映画にできるところが韓国の立派なところだろうと思う。調べたら同じ種類の事件が、つい最近、日本でも起きているらしいが(恩寵園事件)、そんなこと誰も知らないし、報じられない。こんなことで「日本は美しい国」とかよく言っていられるものだと思うわ。

  • 原題:SILENCED/DOGANI (2011) ※日本公開 2012年
    収録時間:125分

    実話を基にした映画。
    聴覚障害者の子供達が、校長や教師らによる性的虐待を受けていた事件。
    もう涙無しには見られない…。
    しかも子役の演技が上手い。
    特にミンス役の男の子。凄くひきこまれる。
    実際にこういう事があったんだと知ってもらう為にも、多くの人に見てもらいたい作品ではあるが、後味は良くない。
    私はスッキリ出来ず、悶々と何か胸にモヤモヤとした感覚が残った。
    たしかに状況としては良くなったかもしれない。
    それは前に比べればの話で、根本的な解決には至らず、ミンスが可哀想で仕方がない。
    久々に重い映画を観た…。

    “韓国の聴覚障害者学校で起きた実在の性的虐待事件を基にしたコン・ジヨンのベストセラー小説を映画化した衝撃の社会派ドラマ。主演は「あなたの初恋探します」のコン・ユ。監督は「マイ・ファーザー」のファン・ドンヒョク。郊外の街にある聴覚障害者学校に赴任した美術教師のカン・イノは、着任早々学園内に漂う不穏な空気を感じ取る。ある日、一人の女子児童が女寮長によって顔を洗濯機に押しつけられている現場を目撃したイノは、彼女を保護して病院に入院させる。そして、人権センターのソ・ユジンに連絡を取る。やがて、児童たちが校長をはじめとする教師たちから日常的に性的虐待を受けている実態が判明。イノとユジンはマスコミを利用して校長たちを告発するのだが…。”

  • 人には薦められないけどこれは良い作品。

    見ていて胸クソは悪くなるけど実話を基にしてるらしく、この映画のおかげで法律が改正されたとかいう話だし意義はあったんだろうね。

    しかし、表面的な部分しか知らないけど韓国って司法のあり方自体に問題があるように見えるね。
    感情が優先されすぎてる気がする。
    映画のおかげで見直されたこと自体は良いことだとは思うけど・・・確かにこの件に関しては良い方向に働いたんだろうけど、それって逆もありえるよねっていう。

  • すごい重く病む映画で☆をつけれない
    兎に角辛い
    これはネタバレを知ってから見て、まだなんとか見れた映画
    どんな事があり、どんな事になるか知った上でも、やっぱりトイレや校長室や家でのシーンは直視できなかった
    まだ知らない人にはおすすめできない
    目を背けるとかじゃなくて、絶望的過ぎて、今自分が感じる病みをひとにすすめれない

  • 胸糞映画。実話だというから余計につらい。
    映画も結構胸糞なまま終わったけど、救いは、映画上映後にこれが注目されて事件に再び捜査のメスが入ったらしいこと。容疑者が復職していたがまたクビになり、その後学校自体も閉鎖したらしい。

  • ほんとに救われない話、しかも実話。こんな事件多すぎでしょ。しかもまだ決着ついてないなんて

全47件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする