ザ・レイド [DVD]

監督 : ギャレス・エヴァンス 
出演 : イコ・ウワイス  ヤヤン・ルヒアン  ジョー・タスリム  ドニ・アラムシャ 
  • 角川書店 (2013年1月10日発売)
3.58
  • (13)
  • (45)
  • (33)
  • (8)
  • (2)
  • 本棚登録 :164
  • レビュー :41
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111243164

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 単純に面白かったです。プロットも練ってるし音もいい。格闘シーンは圧巻です。シラットかっこいい〜
    大昔のカンフー映画観ているよう。だけど安全面の確保を二の次にして怪我なんかおかまいなし…って所がタイやインドネシアの映画らしい所かな〜30年前ならまだしも今時他の国では真似したくても出来ないよね。
    出だしのトンファー&ナイフの格闘シーンは超カッコいい!でもああいう状況だと武器落としたら拾うよね。足下に転がってるのに無視して通り過ぎてるのはリアリティに欠けたかな…後半の2対1のバトルでもあんなに動き回ってるのに終わったら平然としてるのも…おいおいって突っ込み所かな…
    まぁ全体としては上手くまとめているかなぁ…
    次回作も作るみたいだし楽しみですね。
    けど特典映像で監督も役者さんも日本語喋ってたけどアレなに?
    この人達は日本オタクなのかな…(笑)

  • 面白いとの評判で見てみる。

    まるまる一棟ワル親分が牛耳るマンションに
    壊滅させようと警官隊が殴りこみをかける
    バッキバキのアクション・ムービー。

    ん?ジャッジ・ドレッド(リメイク)とほぼ同内容だ。
    ドレッドは銃器メイン、こっちは肉弾戦。

    この手の映画は内容は二の次なのは当たり前。
    ただ殴りあう、撃ち合うだけではやっぱり
    飽きちゃうんですよね。

    結構すぐにお腹いっぱいになっちゃいました。

  • インドネシアのアクション映画。
    実践的なアクションなんだろうか?アクションシーンはかなりえぐい。痛さがもろに伝わってきます。
    闘っていくうちに武器が減っていくのはいいのですが、自分の手から離れたら、もうその武器を使ってはいけない決まり?なのか、他人の落ちている武器を使ってはいけない信念?なのか、落ちている武器を拾おうともしませんでした。最後は素手で何とかしなければいけないのか?
    そこはものすごい不思議でした。

  • レンタル>格闘技「シラット」の対戦スタイルって…は、激しい☆!そして痛い!拳で戦う男、ヤヤンさんがとても素敵♪1vs2の対戦が興奮!しかし…鋭利な物で裂くシーンはとても苦手…首掻っ切りシーン(^^;)等。。描写が割とエグイので要所見てて辛くとても痛い。。たいして役に立たず絶対に死なないwあの白髪爺は元からおかしいと感じてたw自業自得のバカで生き残ってしまうのはちょっと不満。インドネシアのアクション映画って初で驚いたww特典で続編速報のメッセージ;監督の日本語がとても上手で流暢♪

  • どこの国が舞台だと思ったらインドネシアの映画だったんですね。シラットでのアクションかっこよかったです。
    敵役のマッドドッグが素手で闘いを挑むところ良いです。ヤヤン・ルヒアンかっこいい!
    最後に一般人の住人が少し影がある感じで映されてたんで何か伏線があるのか気になる。

  • インドネシア作品ですね。
    なので格闘術は「シラット」との事。

    トニー・ジャーのタイ映画「マッハ!!!!!」が2003年か?
    これは2012年の作品だけど、「10年に一本のアクション映画」と言うコピーは
    あながち言い過ぎでもないかな、と。
    特に肉体を駆使した格闘映画としてはね。

    SWATの一部隊が、30階建てのビルに乗り込む。
    そのビルは、10年来の麻薬の密売の拠点で、
    住人もほとんどがそれに従事しているのだった。

    …って、なんか「ジャッジ・ドレッド」と結構よく似たシチュエーション。
    中央は吹きぬけだしね。
    まぁ、こっちは階数も少ないし、シャッター下りて閉じ込めるような
    システムもないおんぼろビルですが。

    ただ、上の階に行っちゃったら、飛び降りても死ぬだけなんで、
    充分「とじ込まられた状況での戦い」になってます。

    話はビルへの突入話、それだけなんですが、

    銃撃 > トンファーやナイフ・斧を使ったバトル > 素手格闘

    と言う3段階のバトルシーンすべてが見どころ。
    敵も不気味かつ高い「本気で殺す」度で、
    部隊のメンバーも一人一人減っていく。

    文句言うわけじゃないんだけどさ、「ジャッジ・ドレッド」は
    こういう、敵を強く見せる部分が弱かったと思うんだぜ。

    で、敵の中でも一番のキレ物。
    まぁ小汚いちっさいおっさんなんですが(マッド・ドッグ)、
    これが強いのなんのって。
    しかも、最終戦はただでさえちっさいのに
    2人相手に1人で立ち向かうという状態で
    その強さをいかんなく発揮するという。

    続編&ハリウッドリメイクが決まってるそうですが
    ハリウッドリメイクいらんだろwww
    ストーリーなんかおまけ程度なわけだし、
    アクションやら殺気やらのすごさを、わざわざ別俳優・監督で
    撮りなおして、オリジナル以上になるとは思えんのだが…。

  •  麻薬王が支配する高層ビルに乗り込んだSWAT。しかし激烈な反撃にあい。。。
     話題のインドネシアのアクション映画。

     映画としてのクオリティは確かに高いと思う。それでも私がこの映画にのれないのは、アクションとバイオレンスのバランスが合ってないからだと思う。
     いわゆるジャッキーチェン式の手数多目な派手なアクションはバイオレンスとは同居できない。ある程度のコミカルさ、非バイオレンス式でないとあのスタイルは成り立たない。例えば、ブルースリーのアクションはジャッキーより痛みが伝わる分、手数はジャッキーより少ない。
     この辺のバランスが取れてないので、この映画はバイオレンスな世界で主人公がガンガン殴られてるのになぜか致命傷を負わない不思議なアクションになってしまっている。

     うーん、確かに雰囲気とか動きはすごくいいんだけどなぁ。。。

  • まぁまぁだなぁ。
    緊張感が漂う中で、アクションシーンがお決まりの殺陣のような感じだったので、リアル感がなくて少し冷めてしまう。
    音楽はなんか今風だなって思ったら、マイクシノダだった。
    ストーリーはよくある感じ。
    警部補が明らかに怪しいし、そいつ自体がリヤディという黒幕と組んでたんだけど、結局そいつもはめられたので黒幕を撃って、最後は警部補自体もSWATにつかまるという、なんだか締まりがないような感じ。アクション映画だからあんまりストーリーは言及するのも野暮か。
    まぁまぁだなぁ。インドネシアの映画らしい。

  • シラットの流れるような動きがかっこよすぎ!
    踊りの要素が入っているというだけあって腕の動きが大きく目で見てきれいな格闘技です。
    ストーリーは正直あってないようなものなので、時間がもう少し短くてよかった。
    この映画に比べれば、ハリウッドの腑抜けたアクション映画はカメラをガチャガチャ動かせすぎ。最近珍しいくらい俳優の動きを見せるのに特化したすばらしいアクション映画!

  • 編集が雑。内容が無いのは全く問題ないが、チョコレートファイターの方が感動できたよね。

全41件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする