J・エドガー [Blu-ray]

監督 : クリント・イーストウッド 
出演 : レオナルド・ディカプリオ  ナオミ・ワッツ  アーミー・ハマー  ジョシュ・ルーカス  ジュディ・デンチ 
制作 : Tim Moore  エリカ・ハギンズ  ダスティン・ランス・ブラック 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2013年2月6日発売)
3.13
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135976420

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • FBIを作り上げたジョン・エドガー・フーバーの伝記。
    1895.1.1~1972.5.2 77歳
    捜査局長官1924.5.10~1935.3.22 29歳~40歳(11年間)
    FBI長官1935.3.23.~1972.5.2 40歳~72歳(37年間)

    ディカプリオが出ているので見た。年取ってからの実物の写真をみると扮装はそっくり。腹心の部下のクライド・トルソン役のアーミー・ハマーも背格好がそっくり。そういえば「フーバー長官」という言葉は子供の頃テレビニュースで耳にしたことがあるような記憶もある。最晩年の頃だったのか。

    FBIといえば犯罪捜査の最高峰というイメージがあるがエドガーが作り上げたのか。FBIという組織の揺籃期とその成長過程をエドガーを軸にコンパクトに知ることができた。イーストウッド目線で、ということだろうが。

    国会図書館に勤めカード目録による図書のデータ管理を作り上げた、という点に興味を持った。

    BSTBSの録画を見た。

    2011.11.9アメリカ公開 アメリカ映画 
    2012.1.28日本公開
    監督クリント・イーストウッド

  • 有能だけど、常に劣等感に苛まれていたようだ。
    情報はとても有効な武器で、それを積極的に上手く使っていった。
    普通になりたいのか、劣ってると思われたくないからか。
    常に強くあり続けたいと願い、そう動いていたように感じた。
    トルソンとの関係も、二人だけの世界でいられたらどんなによかっただろうか。

    最後の詩は哀しくて苦しくなった。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする