青の炎 (角川文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA
3.95
  • (30)
  • (49)
  • (28)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 372
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (495ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後まで大切な人の幸せを守りたくて必死だった秀一。しかし彼の行動は決して誰のことも幸せにできなかった。

    彼の優しさ、事態をどうすることもできない無力さ、そして最後に誤った手段を選んでしまった幼さに胸が締め付けられる想いがした。


    決して許されない、間違った方向へ正義を向けてしまった少年。しかしながら、それを頭ごなしに非難できないほど、切なくやり切れない一冊。

  • 初めて”ちゃんと”読んだ本。

  • 最後まで他人の為に行動した主人公だった。しかしその自己犠牲は、結果的に誰も幸せにする事が出来なかった事が哀しい。そしてその行動自体がする必要のなかった事であったということが何よりも救われない。それでも終始気高さを失わない姿勢に、強い感動を覚えた。

  • 17歳の淡く幼い思考は自分にとっても懐かしいものだった。許される殺人はあるのか、、、家族を守るため。その解決策が殺人しかなかったのか。ラストも家族を守るために。。。他に道はなかったのか。思春期ゆえの純粋な暴走はわかる気もするな。俺も小学生のころ、母親のオトコを殺してやりたいと思って方法をいろいろ考えたの思い出した(殺さなくてよかったw

  • ラストがとても切ない

  • 文章がすごく洗練されてて読みやすい。展開にも淀みがなくてスラスラ最後まで読める。

  • 最初の殺人のシーンを読んでいて重要な事の記述が無いので、?と思っていたら、案の定それが決定的な証拠となった。
    第二の殺人もするだろうと、予見できてしまった。。。。
    本格ミステリーではない?から、良いのかもしれないが、主人公のが鼻につくタイプの小僧だったので、尚更没入できなかった。

  • 悲しい
    おもしろい

  • 完全犯罪はありえない。してしまったことは取り返しがつかない。真綿でしめられるように苦しめられる。絶対ばれないということはないのだ。終盤の転落は悲しく、しなくても良いのではと問わずにいられない。

  • 法律で裁けない、理不尽な暴力にどう立ち向かっていくのか・・・

    主人公が無慈悲な殺人鬼出ない分、苦悩や葛藤が伝わってきました。
    「自分」でなく「家族」を守ろうとするが故の葛藤と、それを乗り越えていく知略に酔いました

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1959年大阪生まれ。京都大学経済学部卒。96年『十三番目の人格-ISORA-』でデビュー。翌年『黒い家』で日本ホラー小説大賞を受賞、ベストセラーとなる。05年『硝子のハンマー』で日本推理作家協会賞、08年『新世界より』で日本SF大賞、10年『悪の教典』で山田風太郎賞を受賞。

「2017年 『ダークゾーン 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青の炎 (角川文庫)のその他の作品

青の炎 (角川文庫) 文庫 青の炎 (角川文庫) 貴志祐介
青の炎 単行本 青の炎 貴志祐介
青の炎 Audible版 青の炎 貴志祐介

貴志祐介の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

青の炎 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする