あなたへ DVD(2枚組)

監督 : 降旗康男 
出演 : 高倉健  田中裕子  佐藤浩市  大滝秀治  ビートたけし 
  • 東宝 (2013年3月22日発売)
3.45
  • (20)
  • (59)
  • (79)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 332
レビュー : 80
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104075581

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あなたへ

    レビューは言葉を書かなければいけないけど
    語らずとも伝わることもあるだろう

  • 亡き妻(田中裕子)の遺言を果たすため…
    富山-飛騨-大阪-下関-平戸と男(高倉健)は旅をする…
    こうしたロードムービー…好きだなぁ! 豪華なキャスティング!
    でも、誰ひとりとして無駄がない!

    ボクは、4組のカップルの対比に、
    降旗監督が描こうとした真意が現れているように感じました。
    健さんは亡き妻の真意をつかもうと旅をする…
    それを送り出す、長塚京三と原田美枝子の夫婦…

    ふたりとも、静かに見守るのだけれど、その思いは
    微妙にくい違う…佐藤浩市と余貴美子のふたりは、
    疲れきって、接点をなくしてしまっているのだけれど、
    それでも、どこか互いを思いやっている…

    これから結婚しようとするふたり…綾瀬はるかと三浦貴大は、
    若さゆえにぶつかっているのだけれど、未来を感じさせる…
    さまざまな人とのふれあいを通じ、健さんは、
    妻が伝えたかった思いを悟るのです。

    -あなたにはあなたの時間が流れている

    夫婦は長く同じ時を過ごしても、ゆきつくところは、
    ひとりひとり…それは誰しも変わらなくても、
    そのありようは、やはり
    ひとりひとり違うんだなぁ…ってしみじみと感じ入りました。

    ただ世代の近さか、自分の資質なのか…
    ボクが親近感を覚え、なんとも心に沁みたのは、
    佐藤浩市と余貴美子のふたりの、ぐだぐだだめだめの中で、
    ささやかにささやかに漂う思いやりだったのです。

    最後に山頭火の句が引用されて幕が下ろされます…
    う~ん…やっぱりこの映画…沁みるは~


     このみちやいくたりゆきしわれはけふゆく

  • 夜中に目が覚めて眠れなかった時に録画していたのを鑑賞。

    良い話でした。余韻が残る映画でいろいろ考えていたらさらに眠れなくなってしまいました。

    ストーリーを知らずに見た方がいいですね。

    ロードムービーで富山から長崎まで車で高倉健さんが旅をするのですが、今度私も数日、車で一人旅をしようと思っているので妙に共感できました。

    竹田城や海のシーンなど綺麗な景色のシーンが多いので映画館で見た方がさらに良かっただろうなあと思いました。

    ビートたけしのエピソードは好きですね。

    高倉健さんは好きで、この数年は見逃していた作品を結構見ているのですが、さすがにこの映画の健さんはセリフの言い回しに衰えを感じますね。だけどラストシーンで港を歩いていくところなどはとても良かったです。

    • 円軌道の外さん

      andesapresriam12さん、
      いつも沢山の花丸ポチと
      あったかいコメント感謝感激です!
      お返事が遅れてしまいました。
      ...

      andesapresriam12さん、
      いつも沢山の花丸ポチと
      あったかいコメント感謝感激です!
      お返事が遅れてしまいました。
      ホンマ遅くなってすいません!

      じつは、四十にして
      住み慣れた大阪から
      花の都、大東京へと先週上京してきました!(笑)

      なんやかんやバタバタとしておりますが
      今年もあと少し
      よろしくお願いします(笑)

      andesapresriam12さんは
      資格の勉強はかどってますか?

      自分も昔、中小企業診断士と
      行政書士を勉強してたけど、
      どちらも挫折してしまいました~(泣)(T^T)


      で、この作品ですが(笑)
      じつは、例によって例のごとくまだ観てないんやけど(汗)(‥;)

      車で旅をするロードムービーってだけで
      旅好きで鉄砲玉の自分は食いついてまうし(笑)、
      健さんのロードムービーというと
      ベタやけど、
      大好きな『幸せの黄色いハンカチ』を思い出します(^o^)

      赤いファミリアの車のラジオから
      確か『なごり雪』が流れる場面があってすごく印象に残ってるし、
      出所後、健さんが食堂で食べるラーメンやビールの美味しそうなこと(笑)、
      一見ミスマッチに思える桃井かおり、武田鉄矢、高倉健の
      この温度差やコントラストが
      絶妙でしたよね(笑)

      今でもイルカの『なごり雪』を聴くと
      条件反射的に
      『幸せの黄色いハンカチ』を思い出します(笑)

      それにしても
      男の生き方を教えてくれるような日本映画は
      めっきり減りましたよね。

      自分は松田優作や高倉健、渥美清、原田芳雄、山崎努、萩原健一、沢田研二から
      男とはなんぞやを教わってきたので、
      やっぱ健さんが出てるだけで
      その映画は特別なものになります。

      あっ、『ONCE ダブリンの街角で』にコメントありがとうございました!
      そちらのほうにもお返事書いてますんで
      また時間ある時にでも見てみてくださいね~♪

      ではでは~、
      まだまだ暑い日は続くので
      体調に気をつけて
      andesapresriam12さんの
      愛あるレビューまた楽しみにしてます!(^o^)


      2014/09/08
  • 高倉健さんがすごい。。。田中裕子さんもすごい…。
    お恥ずかしいお話、私自身…高倉健さんが出ていらっしゃる作品をまともに観たことないのです…。
    田中さんも、ドラマでは観ることがあったのですが、映画ではあまりなく…。
    ただ、この作品で、大ベテランのお二人を観れて、本当によかったなと思いましたよ。

  • 2012年 日本
    監督:降旗康男
    日本アカデミー助演男優賞:大滝秀治
    日本アカデミー助演女優賞:余貴美子
    キネマ旬報 2012年度日本映画第21位

  • 豪華キャスト。

  • 誰にでも迫ってくる悲しみを静かに語りかけるように描いた映画だと思う。田中裕子の歌う優しい歌が心に残る。

  • TV日曜洋画劇場>健さんのロードムービー♪ステキですww健さんの存在感♪男前ですが年取りましたねぇ。。なんと今年で82歳!?それはそれで味があって、年輪を重ねた役をやられればいいのですけども^^。脇も豪華キャスト。妻役,田中裕子さんとかなり年の差婚を感じます汗…たけちゃんのお粗末な役柄も良かった笑。大滝秀爺はこの映画が最期になったとか…やつれてましたね。散骨は粉状でお願いします。

  • これ本当に降旗監督?
    感動したくて見てみたけれど、いろいろとご都合主義過ぎて感動できず。。。
    富山から長崎へ行く途中に道頓堀とか竹田城に寄り道?しかもそこに二人の思い出がある?行く先々で弁当の実演販売?しかもそこでたまたま長崎の人と出会う?長崎に着いたら着いたでたまたま立ち寄った食堂で船頭さんの孫と出会う?しかもその食堂ってのが。。。って感じで、無理ありすぎ。山頭火の歌もとってつけたようなエピソード。
    せっかくの高倉健がもったいない。せっかくの田中裕子がもったいない。
    なんなんだこれ。

  • 高校の大先輩・高倉健さんの記念作品。
    健さんはもちろんのこと、
    ビートたけし、佐藤浩市、SMAP草薙等の演技にも注目。

全80件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

あなたへ DVD(2枚組)を本棚に登録しているひと

ツイートする