S-Fマガジン 2013年 02月号 [雑誌]

  • 早川書房
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910019750239

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • リーダーズ・ストーリィに私が書いたショートショートが載りました!

  • SF IMAGEGALLERY 「パプリカ」筒井康隆 jyari

     パプリカ は今敏監督の映画では見ているが、原作は読んでいない。漫画版もコンビニで買ったような気がするが、読んだ記憶がないな。

    「GAME OF THRONES」いよいよ放送開始

     全然知らなかった。そんな本がある事も、実写ドラマ化された事も。

    ブノワ・ペータース&フランソワ・スクイテン 来日記念インタビュウ

     闇の国々って読んでみたい。でも高いな・・・

    マガジンレーダー

     ロスト・シングの予告編ユーチューブで見てみた。見たい。
     野尻抱介氏脚本の「HMO ON THE AIR」も気になる。

    コラボレーション 藤井太洋 佐野継将

     C言語とかが全然わからない私にはさっぱりな話だが、雰囲気は好き。
     プログラムやネットワークの仕組みを深く知っている人には、この世の中は全然違って見えるんだろうな。

    無政府主義者の帰還 第1回 樺山三英 朝倉めぐみ

     Oというのは大杉栄なのかなーと思いつつ。わりと読みやすい。

    エコーの中でもう一度 オキシタケヒコ 大石まさる

     これは面白かった。シリーズ化してほしい。音響エフェクトって考えたことも無かったけど、デジタルの時代は元の音源さえあれば、どんな状況下の音にも変更できちゃうんだな。
     作者はゲームシナリオ等で活躍との事、才能に嫉妬を覚える。

    SFのある文学誌 第14回 長山靖生 

     佐田介石 ② 反文明開化の奇想と理想

     TPPで話題の昨今、明治時代にも同じような論争があったんだなと思う。

    SFのSはステキのS 第31回 池澤春菜

     どうぶつの森に手を出すと時間が・・・

    SFまで100000光年 113回 水玉螢之丞

     「俺の嫁」についての考察。

    タイム・スリップSFM 第11回

     1983年2月号 この頃は買っていたような気がするが、全く記憶に無い。

    ホビット 誌上公開 渡辺麻紀

     ギレルモ・デル・トロが監督する予定だったの初めて知った。
     映画館で見たけど長かったなあ。お年寄りの出演者が完成まで達者でいますように。

    Media Showcase

    MOVIE 鷲巣義明

     紹介作は「テッド」と「ホビット」。テッドは全然見る気なかったけどこういう解説を読むと見たくなってしまう。

    ANIME 小林 治

     サイコパス は最後まで見た。主人公の成長ドラマとしてはよかったと思う。マギ は原作も途中で読まなくなったが、宇宙ショーの監督と聞くとちょっと見ようかなという気になる。

    DVD 縣丈弘

     ここまで追いきれないw

    VISUAL DATA FILE 編集部

     大奥も入るんかw

    SF BOOK SCOPE

    香月祥宏

     特に惹かれる作品無し。

    タニグチリウイチ

     ミニスカ宇宙海賊9出てるのか。買わねば。

    卯月鮎

     ファンタジイ系はちょっと苦手かな。

    細井威夫

     興味はあるが、どれも読むのは大変そう。

    三村美衣

     RDG完結したのか。1巻読んだだけでそれきりだが読むか。アニメも始まるし。

    笹川吉晴

     四角い魔術師 読みたいな。異形コレクションなぜ手放したのか。

    千街昌之

     フライ・バイ・ワイヤすごく読みたい。

    牧真司

     ちょっと興味はあるけど手が回らない。

    長山靖生

     ちよっと手が出ない。

    森山和道

     ちょっと興味を感じなかった。

    星敬

     たくさんあるなあ

    早川書房1月の新刊・重版情報

     伊藤計劃の映画評と咎人の星は読みたいかな。

    福井健太

     機会があればという感じ

    宮昌太朗

     ゲームまでは手が出ない

    北極圏のフリカケはどうしてみんなピチピチ跳ねるのか 
                                      椎名誠 森川弘子

     日本人は高級な肉というと牛を思い浮かべるが、世界的には鹿肉の方が高級だという話。またモンゴルの人は羊を焼かない(蒸すらしい)ので、ジンギスカンは日本人だけが食べているモンゴル料理さ、という話。また馬肉を食べるのは世界的に少数派で、犬を食べるのと同じくらい国際的には抵抗が強いとの事。
     鹿肉はいつだったか千歳空港で食べたが 味なんか覚えちゃいない。

    星条旗よ永遠なれ 第25話 梶尾真治 加藤龍勇

     連載なので飛ばし

    ハドラマウトの道化たち 宮内悠介 フジワラヨウコウ

     このシリーズは1作読んだ事がある。顔を潰されて戦闘に使われる初音ミクというのはちょっとつらい。

    おまかせ!レスキュー 第176回 横山えいじ

     レスキュー・・・なのか?

    人間廃業宣言 特別編 友成純一

     シチェス・ファンタという映画祭の報告。日本語字幕があるのかわからないが、よくこれだけ観る元気があるなあ。「呪縛」はあまり見たくないけど「パクト」は少し気になる。

    乱視読者の小説千一夜 第24回 若島正 磯良一

     高い城の男 は読みかけで放置。まだどこかにある筈だが。角笛の音の響くときはかすかにタイトルを聞いた覚えが。

    SF挿絵画家の系譜 82回 大橋博之

     貴重なエッセイ。弥生美術館も行ってみたい。

    サはサイエンスのサ 213 鹿野司

     素粒子標準理論とヒッグス粒子の話。わからないけど楽しい。

    汝、コンピュータの夢 金子隆一 飯田キカ

     ペガーナの神々か・・・読んでみたいな

    いい夢、悪い夢 香山リカ 飯田キカ

     政治に対する警戒心の話

    テレポート

    リーダーズ・ストーリイ 星敬選 
    運動会 田辺ふみ 夏木潤

    マガジン レビュウ 橋本輝幸

     F&SFって今も健在なのか

    世界SF情報 橋本輝幸

     ストガルツキー兄弟の弟の方、亡くなったのか。

    堺美保のアメリカンゴシップ 40

     電子書籍の普及に伴い、紙の本が所有に特化した豪華本化しているという話。最近は手塚治虫や横山光輝の豪華本見かけるな。買えないけど。

    インタビュウ ケンジ・ベイカー ローカス編集部 中村仁美

     カンパニーシリーズか。

    是空の作家・光瀬龍 第13回 立川ゆかり

     百億の昼と千億の夜、ラストが3パターンあったのか。萩尾望都の漫画版しか読んでないな。

    クリストファー・レイヴン シオドラ・ゴス 鈴木潤 シライシユウコ

     寄宿舎で同部屋となった4人の少女。大人になった彼女達が久々に集う。萩尾望都の昔の絵で漫画にできそうな話。モードリンあたりの絵かな。







     




     

     

  • 元宗さんの薦めにて。

    百掬ってなんだろう

  • いまさらながら、読みそびれてた宮内悠介作品を読む。いいね。

    「テッド」と「PSYCO-PASS」はこの号の紹介で知って観た。どっちも面白い。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
新井 素子
有効な右矢印 無効な右矢印

S-Fマガジン 2013年 02月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする