アウトレイジ ビヨンド [DVD]

監督 : 北野武 
出演 : ビートたけし  西田敏行  三浦友和 
  • バンダイビジュアル (2013年4月12日発売)
3.59
  • (69)
  • (215)
  • (209)
  • (32)
  • (4)
本棚登録 : 983
レビュー : 177
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4934569644992

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作より暴力シーンの印象は薄いけど、脚本が良いので映画としての完成度は高くなっていると思う。
    加瀬亮のヘタレ具合が最高だった。

  • 前作同様楽しめたが、北野作品にしてはシーンのつなぎの「間」のセンスの良さが失われていたように思う。暴力描写も前フリ無しで事に及ぶのが北野作品の醍醐味だと思うが、タメがあるシーンが目立った。
    前作からのキャラクターたちは描写が多くなった分人間味が増して感情移入しやすくなったが、逆に得体の知れない恐ろしさは失われてしまって痛し痒し。三浦友和がどうも馴染まないように見えるのは、残念。

  • スッキリまとまってて面白い!おじさん組も若者組(加瀬さんの土下座お漏らし~のビビリっぷりが良かった)も怖い人たちで楽しかった でも皆悪いやつすぎてビビる基準がちょっとわからなくなった

  • TV東京の番組をHDDに録画してて見た。
    おもろかったーーーーーーー。笑った。

    花菱会組員の役で、ちょっとだけ出演してる國本鍾建という役者がすげード迫力でカッコ良かったなあ。

    どこにも情報なくて、必死に調べて、名前やっと分かったんだけど。
    ただ、突っ立ってるだけなんだけど、存在感あるんだよねー。

    韓国人のフィクサー役の人も、良かった。

    塩見三省のコワい顔も、笑っちゃうくらい、良かった。

    小日向文世も、おもしろかった。

  • 地上波録画視聴。前作を観ていないのでどうかなぁと思ったけれど、おもしろかったです。全員悪人と言うだけあって、キャストが実力派かつ強面で会話がほぼ口喧嘩なので、もう完全に別世界を垣間見た感じでした。加瀬亮さんのインテリヤクザカッコ良かったなぁ、でも役柄にはイライラさせられたけれど・笑。ラストも予想外でちょっと吃驚させられました。まさかあれで終わるとは。なんていうか…調子に乗ると皆同じ結果になるんですね、うん、恐い。でもおもしろい。さらに続編が出来たら観たいです。

  • 前作から5年、自分の親分を裏切り、頂点に登りつめ、組織の巨大化を推し進める者、
    裏切られた者、巨大化を面白く思わない者、別の権力抗争を持ち込む者、
    様々なバックグラウンドを持つやくざや警察の陰謀を描く。

    引き続き、面白かった。

    前作でも感じたが、身震いするような暴力は、
    実はある意味で幼稚で稚拙、曖昧なプライド、面子の毀損を発端にする。

    本作では、凄惨な暴力シーンが格段に少なくなり、
    このあやふやな関係性の崩壊がより際立つ演出となっている。
    (前作が本論から外れた批判にさらされたからだろうか。
    観やすくはなったが、うまいカレーにはうまい福神漬けが欲しくなる)

    あやふやな関係性がもとで、利用され、裏切られ、傷を負い、
    刑務所に入るが、それでもまた兄弟の盃を交わしたがる木村と
    その虚しい流転に気づいている大友との会食シーン。

    腐りきった刑事・片岡が後輩刑事に向かって
    「これで終わりだと思ってんじゃねーだろうな!」と叱責するシーン。

    このふたつのシーンに製作者が込めた、
    やくざの(ともするとあらゆる組織の)宿命的堂々巡りが実に哀しい。

  • 面白かった〜!抗争のシーン痛くて見られなかったけど。最後スカッとして大笑い。我が家では「野球やろうか?」って台詞が流行ってます。暴力見て笑うって感覚は、北野かタランティーノかって思います。

    この映画の魅力の一つに、あんまり悪人やってない俳優さんが揃いも揃ってもの凄く悪い役やっているところがあると思う。大友が元気無くて、前作と比べると無邪気さにかけるけど。

    関係ないですが、本作をDVDで観た後に家のワンコがもの凄く荒くれてました(笑)

  • バイオレンスがかっこよく描かれてました。
    大友が裏で絵を描いてるのが、ちょっとわかりにくくはありますが。

    ヤクザ映画はあまり好まないのですが、アウトレイジはまた見たくなる作品です

    高橋克典は目立たないけど、雰囲気が出てましたね

  • 繧「繧ヲ繝医Ξ繧、繧ク縺ョ螳檎オ千キィ縲ゅ%縺ョ菴懷刀繧り憶縺九▲縺溘?縲
    豕ィ逶ョ縺ッ蜑堺ス懊〒縺ッ縺ゥ縺。繧峨°縺ィ險?縺医?遶ッ蠖ケ縺ォ霑代°縺」縺溷刈蜍「莠ョ縺輔s縲ょ燕菴懊?讀主錐譯泌ケウ縺輔s縺ョ迢よー励b濶ッ縺九▲縺溘¢縺ゥ縲∽サ雁屓縺ョ蜉?蜍「莠ョ縺輔s縺ョ迢ゅ>縺」縺キ繧翫?貍疲橿繧ゅ↑縺九↑縺九?繧ゅ?縲
    蜑堺ス懊°繧牙スア縺ァ證苓コ阪@縺ヲ縺?◆蛻台コ区シ斐★繧句ー乗律蜷第枚荳悶&繧薙′縲∽サ雁屓縺ッ縺輔i縺ォ繝代Ρ繝シ繧「繝??縺励※證苓コ阪@縺セ縺上j縲
    縺セ縺輔↓縲√?悟?蜩。謔ェ莠コ縲阪↓逶ク蠢懊@縺?ス懷刀縺??
    縺溘¢縺励&繧薙?繧ゅ■繧阪s縲∝燕菴懊↓蠑輔″邯壹″荳ュ驥守ァ?髮?&繧薙?√♀縺セ縺代↓縲∫區遶懊&縺セ繧ょ?貍斐@縺ヲ縲√%縺薙↓蟆乗イ「繧「繝九く縺後>縺溘i縺ゥ縺?↑縺」縺溘s縺?繧阪≧縺ィ諤昴≧縺舌i縺??雎ェ闖ッ蜈ア貍秘劵?亥ー乗イ「繧「繝九く縺ッ縺ゅ∪繧翫↓豼?℃縺弱※縺?縺代@縺輔s縺ィ繝舌ャ繝?ぅ繝ウ繧ー縺吶k縺九i辟。逅?□縺」縺溘□繧阪≧縺代←縲√◆縺代@縺輔s縺ィ蟆乗イ「繧「繝九く縺ョ蜈ア貍斐?隕ウ縺溘°縺」縺溘↑縺?シ峨?
    蜑堺ス懊→菴オ縺帙※蠢?ヲ九〒縺呻シ

  • 個人的にはアウトレイジシリーズでは一番好きです。

    ヤクザ映画には、深作監督前、深作監督後に分かれます。任侠映画からヤクザ映画への変化です。
    そして、北野武監督によってヤクザ映画は新たな切り口というか表現方法をを得ました。
    「渇いた空気感」「無機質性」みたいな表現です。いうなれば、ヤクザ映画2.0といったところでしょうか。
     怒号はタマ(命)をとる場面ではなく、対面の場面で描かれます。むしろタマ(命)をとる場面では、淡々とまるで作業をこなすかのように展開していきます。
     これは「その男、狂暴につき」から用いてる表現方法です。深作監督の代役?として北野武監督がメガホンをとったのも何か縁を感じます。

     

全177件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

アウトレイジ ビヨンド [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする